新型コロナウイルスの感染拡大が首都圏で再び急速に進んでいる。こうした中で7月23日に開幕する東京オリンピック・パラリンピックにどう臨むのか。菅義偉首相の本音を直接聞いた。

菅首相は東京オリンピック・パラリンピックにどう臨むのか(写真:アフロ)
菅首相は東京オリンピック・パラリンピックにどう臨むのか(写真:アフロ)

 東京五輪に伴う感染拡大のリスクについては、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家有志が提言をまとめ、6月18日に東京五輪・パラリンピック大会組織委員長の橋本聖子氏と西村康稔経済再生担当相に提出。「観客を入れる場合は政府の大規模イベントの人数制限より基準を厳しくし、感染拡大の兆しがあれば無観客に変更すべきだ」と記されている。

 にもかかわらず、政府は1万人を上限に観客を入れて開催する方針を打ち出した。なぜ提言が出された段階で無観客にできなかったのか。

 僕が直接尋ねると、菅首相は次のように答えた。「国際オリンピック委員会(IOC)が、やはり観客を入れることを前提にしている。さらに大会組織委員会、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック担当大臣ら関係者のほか、自民党内からも、観客を入れるべきだとの声が上がった。観客を入れなければ、コロナに負けた大会であるとアピールしてしまう。そういう周囲の声が強まってきて、拒否できなかった」

 今後、首都圏で緊急事態宣言を発令する場合について、「無観客もありえる」と菅首相は表明している。ただし、尾身氏も中止について言及していないし、五輪の中止はないだろう。

 それでも、もしこのまま東京五輪を開催して感染者数が急増するようなことがあったらどうするのか。菅内閣は崩壊するのではないだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1002文字 / 全文1672文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「田原総一朗 日本はこれからどこへ向かうのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。