東京五輪・パラリンピックをめぐって、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長による発言が波紋を広げている。6月2日に開かれた衆院厚生労働委員会で、尾身氏は「今の状況で(東京五輪・パラリンピックを)やるのは普通はない」と述べた。その後も同趣旨の発言があり、自民党内部からは「言葉が過ぎる」との声が出ている。尾身氏はなぜ、強い発言をしたのだろうか。

菅義偉首相と尾身茂氏の関係は今、どうなっているのか(写真=共同通信)
菅義偉首相と尾身茂氏の関係は今、どうなっているのか(写真=共同通信)

 菅義偉首相はこれまで、尾身氏の見解を非常に重視してきた。だからこそ、菅首相自ら、尾身氏が国会で発言できるように配慮してきた。両者は信頼関係を築いてきたはずだ。その尾身氏が五輪開催に強い危機感を示したことは、どう受け止めればいいのか。

 尾身氏の五輪発言を受けて、僕は菅首相と尾身氏との関係が今、どのようになっているのかを取材した。

 尾身氏は世界保健機関(WHO)の名誉事務局長であり、厚生労働省と非常に近い考え方をしているという。つまり、尾身氏も厚労省も、国民の命や健康を守ることを優先にする。インド型の変異ウイルスの動向もあり、五輪開催にはどちらかというと後ろ向きだ。

 しかもこのところ厚労省と政府との関係はスムーズではない。このため、方向性のすり合わせが難しい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1567文字 / 全文2093文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「田原総一朗 日本はこれからどこへ向かうのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。