ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続いている。政府与党内は現在の状況をどう捉えているのか。またどう動くのか。田原総一朗氏が独自のニュースソースを生かしながら解説する。

ロシアのプーチン大統領は展望のないままの進撃を続ける(写真:ロイター/アフロ)
ロシアのプーチン大統領は展望のないままの進撃を続ける(写真:ロイター/アフロ)

 ロシア軍によるキエフ制圧の危険が迫っている。僕はウクライナの首都キエフをソ連時代に訪れたことがある。モスクワで世界ドキュメンタリー会議が1965年に開催されたとき、東京12チャンネル(現テレビ東京)のディレクターだった僕は招待を受けた。そのとき、主催者から「ソ連の地方都市を見てほしい」と案内されたのが、キエフだった。歴史的な建物が並ぶ、非常に美しい街だった。

 そもそもなぜ、ロシアはウクライナ侵攻に踏み切ったのか。

 ソ連はゴルバチョフ大統領の時代にペレストロイカ(改革)が引き金となってロシアとなり、ウクライナを含めたいくつもの国が独立。このうちエストニア、ラトビア、リトアニアなどは北大西洋条約機構(NATO)に加盟したのである。そしてウクライナも憲法に「NATO加盟の希望」を記している。

 キエフからモスクワまでの距離は実は東京から九州までよりも近く、ウクライナがNATOに加盟したら、ロシアにとって脅威になる。ロシアのプーチン大統領はウクライナの非加盟の保証を求めたが、ウクライナのゼレンスキー大統領は加盟を目指すという旗を降ろさなかった。そしてプーチン氏は軍事介入に踏み切ったのである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1644文字 / 全文2240文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「田原総一朗 日本はこれからどこへ向かうのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。