日本はこれからどこへ向かうのだろうか。各分野のキーマンの最前線の声を集めると同時に、長い取材経験を生かして分析。政治、経済など様々な角度から、今後、日本がどうなっていくのかを読み解いていく。

支持率が下がっても、菅義偉首相に諦めの気持ちはない(写真=代表撮影/ロイター/アフロ)

 世界における日本企業の存在感が急速に弱まっている。世界の企業時価総額ランキングを見ると、1989年にはトップ50のうち日本企業は32社が入っていた。ところが僕の手元の資料では、2020年にはほぼ姿を消した。日本企業の存在感が、この30年間で一気に落ちてしまったのである。

 また、かつて日本は、「経営はともかく、現場は非常に優秀だ」といわれていた。その証拠に、技能五輪国際大会では2001年から2015年までの間、金メダルの獲得数がおおむね3位以内に入っていた。ところが2017年には3個となり、2019年には2個になってしまった。減少が目立つ。マクロでみても、GDP(国内総生産)を国別に比較した場合、ランキングの落ち込みが目立つ。

 なぜ、日本企業はここまで転落してしまったのか。

 僕が信頼している国会議員に、自民党の齋藤健氏がいる。齋藤氏によると、この原因は“日本的経営”に問題があると言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2505文字 / 全文3022文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「田原総一朗 日本はこれからどこへ向かうのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。