世界的な生命科学者である吉森保・大阪大学栄誉教授は、「学ぶこと」で一番大事なのは楽しいことだといいます。今回対談をした読書猿氏も「独学することは人生の新しい景色を見られること」と共鳴します。ここでは、『LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義』を切り口に、独学について考えます。今回は対談の後編です。

対談前編から読む)

独学の面白さは、時間を超えてたくさん仲間がいると感じられること

吉森保(以下、吉森):科学を知って生活に生かしたり、考えを深めたりするには、楽しく学ぶのが一番です。読書猿さんの『独学大全』には一人で勉強する方法がきっちり書いてありました。今回は、独学で大切なことについてお話をしたいと思っています。ペンネームが読書猿さんなので、ものすごく博学の、何でも知っている方なのかな、と思っているのですが……。

読書猿:いやいや(笑)、逆なんです。世の中には読書人、読書家と呼ばれる人はたくさんいますが、そこに全く及ばない、ということから「読書人」ならぬ読書猿を名乗っているんです。どうにかして人間になりたい、読書人になりたいという希望を込めています。

 正直、学びながらも自分自身のことをこれまで何度も見捨てようとしてきました。学ぼうとしても、全然ダメな自分がいるわけです。覚えられない、続けられない、すぐ飽きてしまう。でも、一方で、何とか人間になりたいともがいている自分もいて、結局は見捨てられなかった。たぶん、独学する人は大なり小なりこうした挫折の経験があると思います。

<span class="fontBold">読書猿氏 プロフィル</span><br>ブログ「<a href="https://readingmonkey.blog.fc2.com/" target="_blank">読書猿Classic: between / beyond readers</a>」主宰。「読書猿」を名乗っているが、幼い頃から読書が大の苦手で、本を読んでも集中が切れるまでに20分かからず、1冊を読み終えるのに5年くらいかかっていた。<br/> 自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットでの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシャ時代の古典から最新の論文、個人のツイッターの投稿まで、先人たちが残してきたありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」「探しものの道具箱」などカテゴリごとにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。現在も昼間は一組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる。<br/> 『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)はロングセラーとなっており、主婦から学生、学者まで幅広い層から支持を得ている。ベストセラーの『<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4478108536/ref" target="_blank">独学大全</a>』は3冊目にして著者の真骨頂である「独学」をテーマにしている。なお、「大全」のタイトルはトマス・アクィナスの『神学大全』(Summa Theologiae)のように、当該分野の知識全体を注釈し、総合的に組織した上で、初学者が学ぶことができる書物となることを願ってつけたもの。<br/> ツイッター<a href="https://twitter.com/kurubushi_rm" target="_blank">https://twitter.com/kurubushi_rm</a>
読書猿氏 プロフィル
ブログ「読書猿Classic: between / beyond readers」主宰。「読書猿」を名乗っているが、幼い頃から読書が大の苦手で、本を読んでも集中が切れるまでに20分かからず、1冊を読み終えるのに5年くらいかかっていた。
自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットでの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシャ時代の古典から最新の論文、個人のツイッターの投稿まで、先人たちが残してきたありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」「探しものの道具箱」などカテゴリごとにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。現在も昼間は一組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる。
『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)はロングセラーとなっており、主婦から学生、学者まで幅広い層から支持を得ている。ベストセラーの『独学大全』は3冊目にして著者の真骨頂である「独学」をテーマにしている。なお、「大全」のタイトルはトマス・アクィナスの『神学大全』(Summa Theologiae)のように、当該分野の知識全体を注釈し、総合的に組織した上で、初学者が学ぶことができる書物となることを願ってつけたもの。
ツイッターhttps://twitter.com/kurubushi_rm

吉森:私は大学で教えてもいるのですが、教える側で大切なのは、知の体系を理解していることですよね。読書猿さんも何度も言及されていますが、知は一人の人間の営みではありません。

 例えば「巨人の肩に乗る」という言葉があります。「新しい知識を生み出すことは、人類の認識能力を拡大することである。個人もまた、それに接続することで自身の認識能力を高めることができる。ニュートンはこのことを『巨人の肩に乗る』と表現した」と本の中でも書かれていますが、本当にそう感じます。独学でも知識体系に結びつけられることでたくさん仲間がいると感じられる。それも時間軸を超えて、はるか昔からずっとつながっている。これが独学の面白さです。

読書猿:何かを学ぶことは自分の中に知識を取り入れることではなくて、むしろ自分が知識の山に入っていくことなんじゃないか、と思います。だから「巨人の肩に乗る」ということは、自分もその一部になって、誰かに肩を貸すことでもある。吉森先生は『LIFE SCIENCE』の中で研究をサグラダ・ファミリアに例えていましたが、外から眺めているだけでは、サグラダ・ファミリアを支えているレンガ一つひとつの重みが分かる日は一生訪れない。中に分け入ってみて、初めて分かることがたくさんある。独学ができる人、一人でも学び始めるという人が増えれば、知識の山に入る人も増えると思うんです。

吉森:素晴らしいですね。巨人の肩には誰でも乗れるんです。研究者の間では巨人の話は有名ですから、皆、肩に乗ろうとしています。でも、研究者でも子どもでも、誰でも乗れるし乗ろうとすることが重要なんです。

 小学生の頃、いつもと同じ壁沿いの道を歩いていて、ふと気づいたら壁の向こう側が見えるようになった経験ってありますよね。背が伸びたからなんですが、世界がガラッと変わります。ある日、いろいろ見えるようになる。研究しているとそういう瞬間があるんです。肩に乗ろうとしていると世界がガラッと変わる瞬間に出合えます。

読書猿:私は子どもの頃、科学少年だったんです。プラネタリウムが常設された科学館が家の近くにあって、そこに毎月通うような子どもでした。それが、いつのまにか科学から離れ、サッカーに傾倒するようになった。自分のアイドルがアインシュタインからリオネル・メッシになったんです。それでも数学は好きで、大学は私大の文学部だったんですが、数学で受験しました。数学だけで入学したといっても言い過ぎではないかもしれません。

続きを読む 2/3 どんな仕事でも「独学力」は必要

この記事はシリーズ「科学的思考で考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。