『LIFE SCIENCE(ライフサイエンス)』や『LIFE SPAN』、『WHAT IS LIFE?』など、生命科学の本が売れています。その理由の一つは、ウイルス、ワクチン、遺伝子組み換えなどの話題が身近になり、専門家でなくても生命科学をある程度理解して判断した方がよくなっているからでしょう。「40年研究者をしているが、ここ数年の科学の変化は脅威を覚えるほど速く、知識を身につけておいた方がいい」と世界的な生命科学者である吉森保・大阪大学栄誉教授も言います。今回対談をした読書猿氏も「生命科学を学ぶ姿勢が、あらゆる人にとって大切だ」と共鳴します。この対談では、『LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義』を切り口に、生命科学の学び方について考えます。今回は対談の前編です。

判断を科学者に委ねていいのか?

吉森保(以下、吉森):生命科学のことを、みんなに知ってほしいととても思っています。なぜかというと、すごく危機感を覚えているからです。皆さんは生命科学と無関係ではいられない時代に生きています。

 一昔前は知らなくてよかったんです。ところが今は、遺伝子や免疫などの言葉を耳にする機会が増えています。新型コロナウイルスに関連する情報が典型的ですが、科学が多くの人の人生に入り込んできています。それなのに、判断を全て科学者に委ねてしまう人も多くいます。報道を見ても、いろいろな専門家が全く異なる主張を並べていて、判断に困っている人も少なくないはずです。偉そうかもしれませんが、生命科学の基本を知れば、こうした状況で自分の頭で考えて、情報を取捨選択できるようになるはずです。

<span class="fontBold">読書猿氏 プロフィル</span><br>ブログ「<a href="https://readingmonkey.blog.fc2.com/" target="_blank">読書猿Classic: between / beyond readers</a>」主宰。「読書猿」を名乗っているが、幼い頃から読書が大の苦手で、本を読んでも集中が切れるまでに20分かからず、1冊を読み終えるのに5年くらいかかっていた。<br/> 自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットでの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシャ時代の古典から最新の論文、個人のツイッターの投稿まで、先人たちが残してきたありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」「探しものの道具箱」などカテゴリごとにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。現在も昼間は一組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる。<br/> 『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)はロングセラーとなっており、主婦から学生、学者まで幅広い層から支持を得ている。ベストセラーの『<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4478108536/ref" target="_blank">独学大全</a>』は3冊目にして著者の真骨頂である「独学」をテーマにしている。なお、「大全」のタイトルはトマス・アクィナスの『神学大全』(Summa Theologiae)のように、当該分野の知識全体を注釈し、総合的に組織した上で、初学者が学ぶことができる書物となることを願ってつけたもの。<br/> ツイッター<a href="https://twitter.com/kurubushi_rm" target="_blank">https://twitter.com/kurubushi_rm</a>
読書猿氏 プロフィル
ブログ「読書猿Classic: between / beyond readers」主宰。「読書猿」を名乗っているが、幼い頃から読書が大の苦手で、本を読んでも集中が切れるまでに20分かからず、1冊を読み終えるのに5年くらいかかっていた。
自分自身の苦手克服と学びの共有を兼ねて、1997年からインターネットでの発信(メルマガ)を開始。2008年にブログ「読書猿Classic」を開設。ギリシャ時代の古典から最新の論文、個人のツイッターの投稿まで、先人たちが残してきたありとあらゆる知を「独学者の道具箱」「語学の道具箱」「探しものの道具箱」などカテゴリごとにまとめ、独自の視点で紹介し、人気を博す。現在も昼間は一組織人として働きながら、朝夕の通勤時間と土日を利用して独学に励んでいる。
『アイデア大全』『問題解決大全』(共にフォレスト出版)はロングセラーとなっており、主婦から学生、学者まで幅広い層から支持を得ている。ベストセラーの『独学大全』は3冊目にして著者の真骨頂である「独学」をテーマにしている。なお、「大全」のタイトルはトマス・アクィナスの『神学大全』(Summa Theologiae)のように、当該分野の知識全体を注釈し、総合的に組織した上で、初学者が学ぶことができる書物となることを願ってつけたもの。
ツイッターhttps://twitter.com/kurubushi_rm

読書猿:生命科学のことを知りたいなら「まず『細胞』を知りなさい」と先生は『LIFE SCIENCE』で書かれていますよね。「読み手は細胞にだけ着目していればいい」という姿勢を徹底されていました。僕は文系で、まさに知識を持たないのですが、生命の原理原則は、細胞というシンプルな視点から見たら理解できるんだ、と思いました。この本は、科学の世界に飛び込みたいけど飛び込み方が分からない人の踏み切り板になる一冊ですよ。

 体や病気の話となると、複雑に考えてしまいがちです。まあほんとに複雑なんですけど、細胞から終始一貫して考えるというアプローチのおかげで、老化や病気のメカニズムや最新の知見まで見通しよく理解できる。「体がおかしいということは、どこかの細胞がおかしいことだ」という考え方を身につけたら、明日から世の中の見え方が変わりますよ。例えば新型コロナウイルスのニュースも聞こえ方が違ってくると思います。

吉森:前提として、科学者に勝手に物事を決めさせないようにするためには多くの人に基礎知識が必要になります。大人からも「もう勉強したくない」「今からは無理」という声が聞こえてきそうですが、読書猿さんのご感想の通り、原理原則は簡単なんです。数式も記号も必要ありません。生命科学の基本さえ知っておけば、「エセ科学やインチキ科学を見破れる思考が身につく」とも思います。ちょっと知っているだけでいいんです。

続きを読む 2/3 失敗の繰り返しから研究成果は生まれる

この記事はシリーズ「科学的思考で考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。