私たちの社会では多数派の基準に合わない者に「異常」のラベルを貼り、排除しがちですが、生命科学者の吉森保・大阪大学栄誉教授は「生物の多様性こそが生き残りのカギ」と強調します。今回の対談相手であるジャーナリストの川端裕人さんは、色覚の最新の研究ではこれまで「異常」と判断されてきた人と「正常」と判断された人とは2つに明確に分けられるものではなく、その違いは実は曖昧であることを指摘します。「異常」と「正常」の境界はどこにあるのか。吉森氏の新著『LIFE SCIENCE(ライフサイエンス)長生きせざるをえない時代の生命科学講義』を切り口に、「生き物の多様性」について考えます。対談後編です。

対談前編から読む)

いまだに色覚異常の社会的な受けとめ方は最悪

吉森保(以下、吉森):実は私、先天色覚異常なんです。なので、川端さんが出版された『「色のふしぎ」と不思議な社会』を何度もうなずきながら読みました。日本社会が色覚をどのように捉えているかが非常に詳しく書かれていますね。小学生の頃の、色覚検査が嫌で嫌でたまらなかった記憶もよみがえりました。

 今でも覚えていますが、図工の時間に描いた絵を、私だけ担任の先生に持って行かなければいけませんでした。色覚異常なので変な色を使わないかチェックされていたんですね。毎年、身体検査のときに「異常」の烙印(らくいん)を押されるのは幼心にも傷つきますよ。ただ、私の場合は、今に至るまで生活上困ることはほとんどありませんでした。あれだけ苦痛だった色覚検査は何だったんだという思いはありますね。

川端裕人氏(以下、川端):昔は色覚異常だと理系の学部や教育学部には進学できないといわれていた時期もありましたが、先生の頃は問題なかったんですか。

<span class="fontBold">川端裕人氏 プロフィル</span><br>1964年兵庫県生まれ。千葉県育ち。文筆家。東京大学教養学部卒業。ノンフィクションの著作として、科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞を受賞した『我々はなぜ我々だけなのか』(講談社ブルーバックス)のほか、『動物園から未来を変える ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン』(共著、亜紀書房)、『「研究室」に行ってみた。』(ちくまプリマー新書)、『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』(筑摩書房)など。小説には『夏のロケット』(文春文庫)、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)など多数。</a>
川端裕人氏 プロフィル
1964年兵庫県生まれ。千葉県育ち。文筆家。東京大学教養学部卒業。ノンフィクションの著作として、科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞を受賞した『我々はなぜ我々だけなのか』(講談社ブルーバックス)のほか、『動物園から未来を変える ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン』(共著、亜紀書房)、『「研究室」に行ってみた。』(ちくまプリマー新書)、『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』(筑摩書房)など。小説には『夏のロケット』(文春文庫)、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)など多数。

吉森:まさにそうで、私は小さい頃、医学部や理学部に行けないと言われ続けました。幸いにして、私が受験するときには、それはほとんど廃止されていました。結局、大学は理学部、大学院は医学部、そして今、医学部で研究しています。自分で言うのもおこがましいかもしれませんが、色覚のせいで他人より研究実績が劣るとも思いません。

 もちろん、運が良かった面もあるんだなとこの本を読んで痛感しました。進学や就職、結婚で科学的根拠がない差別を受けた人たちが私の想像以上にたくさんいたことを思い知らされましたから。そして、再び色覚検査の機運が高まっていることも私には驚きでした。もちろん、パイロットなどごく限られた一部の職種には検査は必要かもしれませんが、私自身は医学系の研究をする中で、できないことはないですね。

川端:今も自分の子どもが色覚異常と聞いて、泣いてしまうお母さんは少なくありません。いまだに色覚異常の社会的な受けとめ方は最悪です。職業選択に制限が出るのでは……など「異常者」のイメージがつきまとっています。お母さんがショックを受けると、何よりも子どもが「自分はできそこないなんだ」「できないことだらけなんだ」と自分自身にラベリングしてしまいます。最近は、その悪循環をどうにか断ち切りたいと考える若い眼科医も確実に増えているんですが、伝統的な眼科の世界では「色覚異常は異常ではない」と考える人はまだ少数派なので、世の中にどう広げていくかが課題ですね。

吉森:眼科の先生にも、お母さん方にも、ぜひこの本を読んでもらいたいですね。最先端の色覚研究が描かれていて、多くの人には目から鱗(うろこ)なはずです。私たちが受けさせられた色覚検査が、いかに曖昧だったのかも分かります。

続きを読む 2/3 正常と異常の境界は極めて曖昧

この記事はシリーズ「科学的思考で考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。