できれば病気にならず、長生きしたい――。こういった人間の夢や病気や老化に深く関わるのは細胞です。世界的な生命科学者である吉森保・大阪大学栄誉教授は「どんな病気も老化も、細胞が悪くなることから始まる」と言います。今回対談をしたジャーナリストの川端裕人氏も「細胞は、生物学全般を見渡すのに適切」だと共鳴します。今回は「細胞を知ると生物学が分かる」をテーマとし、吉森氏の新著『LIFE SCIENCE(ライフサイエンス)長生きせざるをえない時代の生命科学講義』を切り口に、細胞と病気について考えます。対談前編です。

「老化しない」にはもう理論的なベースがある

川端裕人氏(以下、川端):『LIFE SCIENCE』を読んで、私にとって収穫だったのは、寿命が延びたり、老化が防げたりという話題は単なる夢物語ではなくて、ちゃんと理論的なベースがすでにあるんだと気づかせてくれた点です。ここ数年、人間が不老不死に向かって近づいていると説くサイエンス本が出版され、それなりに売れています。ただ、これはあまりに虫がいいですし、正直話半分に受け取っていました。しかし、この本で、先生の専門であるオートファジーは「掃除して新品にする役割」で、それを強化することによって老化が緩やかになり、健康を保てるということ自体は決して夢物語ではないんだと考えさせられました。

吉森保(以下、吉森):私はもともと老化の専門家ではないんですが、オートファジーの研究をしていたら、たまたま行き当たったんです。『LIFE SCIENCE』に詳しく書きましたが、オートファジーには、有害物を取り除く機能があることが分かりました。つまり、傷ついたミトコンドリアを回収したり、「アルツハイマー病やパーキンソン病などの原因になる凝集したタンパク質や細胞に侵入した病原体など」を除去したりするのです。これで病気との関係が注目されて、近年、研究が加速しています。

 もうひとつ重要なのが、細胞の新陳代謝の役割です。たとえ栄養状態が良くても、オートファジーは、皆さんの体の中で毎日少しずつ起こっています。何をしているかと言うと、細胞の中身を入れ替えているんですが、この機能は老化とともに低下してしまいます。それには私たちが見つけた「Rubicon(ルビコン)」というタンパク質が関係していることも分かっています。ルビコンはオートファジーを抑えるブレーキ役で、これは加齢とともに増えます。つまりこのルビコンがオートファジーの働きを邪魔し、それが老化の一つとも言えるんですね。正直、私の研究だけでなく老化の研究は一昔前に想定していたよりも進んでいますね。

<span class="fontBold">川端裕人氏 プロフィル</span><br>1964年兵庫県生まれ。千葉県育ち。文筆家。東京大学教養学部卒業。ノンフィクションの著作として、科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞を受賞した『我々はなぜ我々だけなのか』(講談社ブルーバックス)のほか、『動物園から未来を変える ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン』(共著、亜紀書房)、『「研究室」に行ってみた。』(ちくまプリマー新書)、『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』(筑摩書房)など。小説には『夏のロケット』(文春文庫)、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)など多数。</a>
川端裕人氏 プロフィル
1964年兵庫県生まれ。千葉県育ち。文筆家。東京大学教養学部卒業。ノンフィクションの著作として、科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞を受賞した『我々はなぜ我々だけなのか』(講談社ブルーバックス)のほか、『動物園から未来を変える ニューヨーク・ブロンクス動物園の展示デザイン』(共著、亜紀書房)、『「研究室」に行ってみた。』(ちくまプリマー新書)、『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』(筑摩書房)など。小説には『夏のロケット』(文春文庫)、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)など多数。

川端:最近、東京大学の中西真教授が、加齢関連疾患の「老化細胞」だけを除去する薬剤を発見したことも話題になりました。中西先生の研究はマウスの実験で病気の改善にも成功した段階でしたが、5年、10年後には人を対象に治験ができている可能性もあるんですか。

吉森:あり得ます。今回の発見が重要なのは、細胞の老化のメカニズムが分かったことなんですね。細胞の老化と個体の老化は、関係はありますが、イコールではないんです。つまり、細胞がどのように老化するかは分かっていませんでした。今回、メカニズムがだいたい分かったことで、効果のある薬剤が開発できました。中西教授とは私も国のプロジェクトで共同研究していますが、今後、健康寿命が延びるのは間違いないでしょうね。

川端:いわゆる不老不死について、老化しないこと(不老)と、死なないこと(不死)は別だという話も、目から鱗(うろこ)が落ちました。健康寿命の話で、本の中に人間の常識では考えられない生き物が紹介されていましたね。ネズミの一種であるハダカデバネズミは生きているあいだじゅう完璧な健康を維持し、あらかじめ定められた時がくるといきなり死ぬとか、インドの動物園で飼育されていたアドワイタという名前のアルダブラゾウガメは、死んだときの見た目は若いカメと全く遜色ありませんでしたが、なんと250歳だったそうですね。あと、アホウドリもそうだとか。つまり、「ピンピンコロリ」を地でいくことになりますが、これらの動物が、老化しない生き物の理想型と言えますね。

吉森:そうですね。ハダカデバネズミは老化しないし、ガンにもほとんどなりません。「これはすごい」ということで、今、ハダカデバネズミの専門家の先生と一緒にハダカデバネズミのルビコンがどうなっているかを調べています。

続きを読む 2/3 生物学はアップデートされている

この記事はシリーズ「科学的思考で考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。