科学が発達し、情報があふれる時代にどう生きるか。世界的な生命科学者である吉森保・大阪大学栄誉教授は、「科学的思考」こそが、これからの時代を生き抜く基礎教養になると説きます。研究者でなくても、科学的思考を身につけることで、エセ科学やフェイクニュースにだまされにくくなります。今回対談をしたのは、行動経済学の第一人者である大竹文雄・大阪大学大学院教授。行動経済学から見ても、「科学的に考える」力を持つことはとても重要だと大竹氏は言います。吉森氏の著書『LIFE SCIENCE(ライフサイエンス)長生きせざるをえない時代の生命科学講義』を切り口に、科学的思考について考えます。その前編です。

断言する人は科学的に怪しい

吉森保(以下、吉森):一昔前まで、生命科学は医師など特定の専門家だけが知っていればよいものでした。しかし今は違います。科学が急速に発展したので、いろいろな場面で生命科学が使われ、その知識が必要になりました。身近なところでも、新しいワクチンの技術が生まれたり、遺伝子組み換えの食品が増えたりなど、科学技術がどんどん複雑に、しかも進化が速くなっているので、自分にとって最良の判断をするのに科学的思考が必要なのです。

 『LIFE SCIENCE』にも書いたのですが、特に「相関関係」と「因果関係」の違いを知ることはとても重要です。推察できるのが「相関関係」で、いろいろな実験などをした末に、これは確からしいぞ、となるのが「因果関係」です。この2つを知っていると、例えば「エセ科学」にだまされることはなくなると思います。

大竹文雄氏(以下、大竹):『LIFE SCIENCE』は、受験勉強の理科しか知らない文系の人にぜひ読んでほしいと思います。理系、文系と便宜上分けられていますが、考え方、この本でいうところの「科学的思考」は、やはり身につけておいて損はありませんので、文系だからといってこの考え方を知らないのはあまりにも惜しい。文系であろうと理系であろうと、大切なのは、まず疑問に思うことです。「何か変だな」と気づくのが第一歩です。

 研究者は、そのあと「なぜそうなっているのか」の仮説をたくさん立てます。そこから、実際に検証して絞ります。仮説を立てて検証するというのは、吉森先生が指摘しているように研究者でなくても必要な力ですね。この本にはいかにして仮説を立てるのか、「良い仮説」の発見のプロセスが多く描かれているところも印象的でした。

吉森:そうそう、私から見ると「皆さん、疑わなすぎだな」と思います。日常生活で、「あれっ」と思うことは意外に多いはずです。それを大事に「これは相関関係ではなく、きちんとした因果関係であるか」と考えることが大切です。

大竹文雄氏 プロフィル
1961年京都府生まれ。1983年京都大学経済学部卒業、1985年大阪大学博士(経済学)。大阪大学社会経済研究所教授を経て現在大阪大学大学院経済学研究科教授。専攻は行動経済学、労働経済学。『日本の不平等』(日本経済新聞社)により2005年日経・経済図書文化賞、2005年サントリー学芸賞、2005年エコノミスト賞を受賞。著書に『行動経済学の使い方』(岩波新書)、『経済学的思考のセンス』(中公新書)などがある。2006年日本経済学会・石川賞、2008年日本学士院賞受賞。

大竹:そうですね。ただ、文系からすると理系がうらやましい思うところもあります。本にも書かれていましたが、政府の緊急事態宣言の効果について因果関係を完全に調べることは不可能に近いわけです。理想は、同じ都市で緊急事態宣言を実施した場合とそうでなかった場合を比較することですが、現実にはできません。できることは、「緊急事態宣言を実施した都市」と「同じような条件で実施しなかった都市」を比較することです。

 ところが、似たような都市で、片方だけ緊急事態宣言を実施していないというケースは現実にはなかなかありません。できるのは、ボーダーライン同士の都市を比較することくらいです。東京が緊急事態宣言をしなかった場合にどうなったかを検討するには、比較対象はないですね。なんらかの理論モデルに基づいて、緊急事態宣言がなかった場合を計算して、それと比較することになります。このように、社会科学の場合は因果関係の証明にどこまで近づけるかは永遠の課題です。

吉森:その点は非常に重要です。状況に合わせて「これは効いたようだ」などと、たくさんの相関関係から「真実に近づく」ことをしていかなければなりませんよね。科学は確かに実験がしやすく、因果関係を確かめるための介入ができますが、それでも、やはり社会科学の悩みと方向は同じで、たどりつくのはようやく「確からしい」という答えです。

 「確か」ではなく「確からしい」です。神様ではないので、100%の「答え」にはたどりつかないんですね。だから、マスコミなどで、絶対にこれは大丈夫です!などと断言している人は、怪しいと思って間違いありません。これもエセ科学にだまされないための心得ですね。でも皆さん、科学者にすぐ「確かな」答えを聞いてきます。

続きを読む 2/2 答えなんてないから、一人ひとりが自分の頭で考えなければならない

この記事はシリーズ「科学的思考で考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。