電力改革から街づくりまで、震災10年目の今も完成しない被災地改革。その根底には、自律性に乏しく国に“従属”せざるを得ない地方自治システムがある。震災後に起きた「新しい自治」を模索する動きもまたゴールから遠い状況にある。

“万里の長城”と呼ばれた防潮堤の一部が壊れ津波に襲われた岩手県宮古市田老地区。今、新しい防潮堤の整備が進んでいる
“万里の長城”と呼ばれた防潮堤の一部が壊れ津波に襲われた岩手県宮古市田老地区。今、新しい防潮堤の整備が進んでいる

 「海が見えなくて寂しい。昔はここから海が見えて砂浜で遊んだ。毎日海を見られることがここに住む特権だと子供心に思っていた。“万里の長城”の建設は始まっていたけど、まだ海は見えた。でも“万里の長城”がどんどん長くなってね。それから40年、俺は“要塞暮らし”だよ」

 岩手県宮古市田老地区で生まれ育ったA氏(65)はこう話を切り出した。A氏が言う万里の長城とは、1934年から約40年かけてこの地に建設された「田老の防潮堤」のことだ。過去、何度も津波で被害に見舞われた歴史から、総工費50億円以上をかけて造られた長さ2433m、高さ10mの世界最大級の二重防潮堤。そんな巨大な壁に向き合っての暮らしをA氏は“要塞暮らし”と表現する。

要塞崩れ、4分で飲み込まれた街

 20代から始まった“要塞暮らし”。A氏がそれを受け入れたのは、津波が再び来ても“要塞”があれば、自分と仲間の命を守ってくれると思っていたからだ。しかし2011年3月11日、黒い巨大津波は防潮堤の一部を壊し、わずか4分で田老の街を飲み込んだ。地区全体で約1000戸以上が被災し、死者・行方不明者は180人を超えた。

 今、田老では、新しい防潮堤の整備が進んでいる。従来の防潮堤よりも4.7m高い“新・万里の長城”を目の前にして、A氏は「理想を言えば、この新しい防潮堤は造らなくてもよかったのではないか」と話す。

 10年前の事実が証明したように、どんなに防潮堤を高くしても万全の津波対策にはならない。一番の対策は高台に逃げることだ。実際、1896年には明治三陸大津波、1933年には三陸大津波と度重なる津波の被害を受けて来た一帯では古くから「津波起きたら命てんでんこだ」といわれてきた。「津波が来たら、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ」という意味だ。「防潮堤に頼るな」は先祖からの警告なのだ。

 だとすれば、自分たちは東日本大震災を、“万里の長城”のさらなる増強ではなく、防潮堤に頼らない新しい津波との向き合い方を模索するきっかけにすべきではなかったのか――。これがA氏の思いだ。

続きを読む 2/3 プレッシャーの中での合意形成

この記事はシリーズ「震災10年目の現実 先送り国家「ニッポン」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。