前回の記事では、筆者が企画・設計・分析を行っている「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」の調査結果から、新型コロナで街の評価が大きく変わったということはなく、むしろ、今住んでいる場所に対する再発見・再評価が起きていることと、街の住みここちと人口増加には正の相関関係があることを示した。
 そして近年では、街に対する誇りを意味する「シビックプライド」という概念に注目が集まっている。今回は、シビックプライドとの関係を含め、街の住みここちとはいったい何なのか、その構造を解説してみたい。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 筆者が企画・設計・分析を行っている「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」は、2019年から発表しており、今年で3回目となる。3回の累計で全国50万人以上の回答を集めたビッグデータである。

 この調査には、街に対する60の評価項目がある。このうち2019年と2020年で共通の55項目について約35万人分のデータを対象に、因子分析という統計手法で分析すると以下の8つの因子が特定できた。いずれの因子も、比較的イメージしやすく、こうした要素で街の住みここちが構成されているであろうことに、あまり異論はないと思う。

  1. 生活利便性因子:飲食店やコンビニエンスストア、スーパーや量販店といった生活関連施設の充実度といったもの
  2. 交通利便性因子:幹線道路・高速道路へのアクセスや都心への近さ、通勤・通学の利便性といったもの
  3. 行政サービス因子:子育て施設や小中学校といった教育、医療や介護など
  4. 親しみやすさ因子:「気取らない親しみやすさ」「地元出身でない人のなじみやすさ」「地域のつながり」「近所付き合いなどが煩わしくないこと」「地域のイベントやお祭りなど」
  5. イメージ因子:おしゃれさや高級感・ステータス、再開発などの街の将来性など
  6. 静かさ治安因子:閑静さ、治安の良さ、街並みのきれいさなど
  7. 物価家賃因子:家賃や不動産価格の安さ、物価の安さ
  8. 自然観光因子:自然の充実度、観光地や景勝地などの充実度

 興味深いのはここからである。この8つの因子を説明変数(物事の原因)、街の総合的な評価(これが住みここちである)を目的変数(物事の結果)として、重回帰という統計手法で分析すると以下のような結果が得られた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2495文字 / 全文3443文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「データで解き明かす不動産の真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。