新型コロナウイルス禍となった2020年以降、人口の転出超過に注目が集まる東京都。しかし3~4月は依然として圧倒的な転入超過が続いている。進学や就職などで上京する人が多いからだ。しかし彼らの多くは「東京は住みにくい場所だ」という不安を抱きながら東京へとやってくる。筆者が企画・設計・分析を行っている「いい部屋ネット 住みここちランキング」の最新データでは、東京都は「住みやすい」評価でなんと全国で最下位だった。一方で、東京都が都民を対象に行ったアンケート結果では「今後も東京に住み続けたい」という回答が9割を超える。果たしてどちらが東京の本当の姿なのだろうか。

 「人が多くてゴミゴミしている」「物価が高くて治安も良くない」「自然もない殺風景な場所だ」――。地方に住む人たちに、東京についての印象を聞くと、そんな答えが返ってくることが少なくない。

 筆者が企画・設計・分析を行っている「いい部屋ネット 街の住みここちランキング」では、最新の2022年調査で新たに都道府県に対する評価を追加した。その中の「住みやすそう」という項目で、東京都は47都道府県中で最下位となっている。

 この調査では、回答者が現在住んでいない都道府県をランダムに表示し、その都道府県について「住んでみたい」「住みやすそう」「よく知っている」といった項目を回答してもらった。回答者数は約18万6000人、1都道府県あたりの評価回答者は4000人程度とかなりのサンプルサイズを確保している。

 この調査の最新データを首都圏の1都3県について集計したものが以下の表である。

[画像のクリックで拡大表示]

 1都3県の結果を見ると、いずれも比較的良い評価を得ていることが分かる。特に神奈川県は、「住んでみたいと思う」1位、「住みやすそう」3位、「よく知っている」6位など、高い評価を得ている。東京都も、「よく知っている」2位、「ビジネスが盛ん」1位と非常に高い評価となっている。ところが、「住んでみたいと思う」は14位と下がり、「住みやすそう」という項目に至っては、なんと47都道府県の最下位になってしまったのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2288文字 / 全文3178文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「データで解き明かす不動産の真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。