現代の基準で見れば、ボディ剛性などぶにゃぶにゃだし、ステアリング系の剛性も足りない。安全性に至っては滅茶苦茶だ。それでも、それらを飲み込んでこういうバランスに仕立てたが故に獲得した自在性は、いまだに唯一無二のもので、だから安全かつ楽しいハンドリングの基準として今でもこれが筆者の中心にあるのである。

リニアさの見本だったW124のパワートレイン

 さて、ではもう一台のW124はどうなのか? これはセダンの運動性と乗り心地のバランス。そしてパワートレインのマナーの基準になっている。

 とは言えまず最初に触れるのはパッケージングだ。人をクルマの中にどう座らせるか。ここが極めてちゃんとしている。今のダイムラー(メルセデス・ベンツは商標で社名はダイムラー)にはもう不可能なほど手間とコストを掛けたシートで、しっかりと人間を座らせることができていた。座面は大きく、大柄なドイツ人でも余裕で座れるにもかかわらず、日本人のかなり痩せた人でもしっかり座れる。あの時代にして医学的研究に基づいて作られていたシートと言われて、なるほどと思わざるを得ないものだった。

 そこからの視界や、車両の把握のしやすさも絶妙で、これは124シリーズ(W124はセダン、S124はワゴン)全般に優れたものだった。ただし、リヤシートに関しては折りたためるS124は少し劣っていた。それでも折りたたみシートとしては例外的とも言える出来だった。残念だったのは筆者の乗っていた500Eに関しては、リヤデフの容量アップに伴い、後席の背もたれ角度(トルソアングル)が少し寝かされて、通常モデルより劣化していた点だが、それでも当時の国産車とは雲泥の差と言えるものだった。

 走り出すとステアリングは基本スローなもので、アジリティが高い系統ではない。それでもリヤを中心に施されたボディ各部の補強によって、どっしりとした直進安定性があり、長距離移動の安楽さは見事なものだった。本国で時速250キロ巡航を本気で使うために何をやったかと言えば、ドライバーを躁状態にしないようにしている。ライバルのBMW M5の痛快な挙動と違い、500Eは超高速領域での安定性を重視し、落ち着かせることによって、疲れることなくその速度のまま延々と走り続けられるセッティングに本気で仕立てた。その作り込みはある意味、かなり凶悪だったと思う。筆者は1日で奈良の明日香村までの往復1600キロをほぼ連続して一人でこなしたことがあるが、それでも大して疲れなかったのだ。

 当時はまだブレーキを操作してくれないクルーズコントロールではあったが、時速100キロにセットしておけば、あり余るトルクのおかげで速度の振れが少なく、登坂であってもほとんどエンジン音が変わらない。これが疲労の低減に大いに役立っていたと思う。疲労と音の関係を教わったのはこのクルマだった。

 疲労と言えば、ハンドリングと乗り心地のバランスもまさに良きバランスポイントを見つけ出していた。高性能セダンであれば、もう少し硬めにしたくなるもの。実際、乗り心地に我慢を強いるハイパフォーマンスなクルマは少なくない。そこをダイムラーのエンジニアたちは、ぐっと堪えて柔らかくした。そのおかげで性能的には硬派な領域に属するスポーツセダンでありながら、しっとりとして疲れない乗り心地に仕上がっている。毎日乗るのが嫌にならないことは重要な性能である。

 そして圧巻だったのはパワートレインのマナーだ。例のコインパーキングの踏み板の場面で、タイヤが斜面に当たってからアクセルを踏み込むと、まずエンジン音が少し増し、次に静々と傾斜を上り始める。ここで加速してしまわないところが特に素晴らしい。じわりという速度のまま頂点に達するとそこで負荷が変わる感じがちゃんと伝わり、アクセルを自然に抜くことができる。アクセルペダルのリターンスプリングの反力設定と、トルクの増え方のバランスが良くないとこうはならない。

 交差点の左折も同じく、減速してブレーキを抜いて、そこからアクセルを踏んだときのトルクの出方が極めてリニアで、まさに優雅な身ごなしで曲がることができる。こういうところで、ドライバーが機械の暴走を恐れることなく、身構えずに操作してそういう挙動が作れることは誠に素晴らしかった。

 2010年代を通して、日本のクルマが全般にこういう過渡特性をちゃんと制御できるように変わりつつある。むやみにピーク値を高くしたところで、クルマを所有している間に、全開加速や全制動、あるいは限界的コーナリングなど、もしかしたら一回もやらないかもしれない。それより日々の運転で、変に気を遣わず、クルマを信じて操作できることで得られるメリットははるかに大きい。スーパーセブンもW124の500Eも、すでに大昔の設計のクルマである。それでもそうしたインターフェースの理想に限りなく近づいた事実は消えない。

 さて、元日早々長い話にお付き合いいただいたが、筆者が何を重視して、クルマを評価しているのか、そこが少しでも伝われば幸いである。本年もなにとぞよろしくとお願いして筆を置きたい。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「池田直渡の ファクト・シンク・ホープ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。