池田:大体において熱源は排気バルブです。ところが、ロータリーにはバルブがないし、ハウジングの内周を燃焼室が移動し続けるので、1カ所が過熱するリスクが低いと、そういうお話です。

水素発電はロータリーに非常に向いた使い方

廣瀬:はい。その一方でロータリーは、宿命的に熱効率があまり良くないんです。だから効率のいいところだけを使って、水素で回して発電するやり方が、ロータリーには非常にマッチした使い方だなということになりまして、そのときにシリーズハイブリッドを水素ロータリーで造ったんです。

池田:その「効率のいい回し方」って、具体的には定常運転(一定の回転数をキープ)ということですか?

廣瀬:定常運転です。ロータリーは、部分負荷が不得意なので熱損失がでかいですし、プリイグには有利な半面、燃焼室が回っていくので圧力を取り出す前にハウジングに熱を奪われてエネルギーが逃げてしまうので。そこで、例えば高負荷のある回転数に効率がいいところがあるので、そこだけで発電をする、というのが合理的な使い方になります。

池田:なるほど。

廣瀬:それを水素でやりましょうということでやってきたのですが、このエンジンは燃料への適性が広いので、今回はそれをガソリン燃料で発電用に造りました、というわけです。だから先祖返りをしたら、今すぐにでも水素にいけると思うんですね。水素からたどってきたこのシリーズハイブリッドの方式に、もう一回ガソリンから水素へと戻っていくような。

編集Y:面白いですね。

池田:なるほどね。つまりこれはマツダとしては、かなり息の長いものになりそうだと思っているわけですね。ロータリーを外して大容量バッテリーを積めばEVもできる。それはもうMX-30 EV MODELとしてデビューしているし、ガソリンのシリーズハイブリッドもできるし、水素のシリーズハイブリッドも対応可能と。インタビューの最初のほうで話したエネルギーや原材料の価格がどんな変化の仕方をしても、どこからでもかかってこいと言える万能システム。マルチソリューションの答えはコレだ、と。

マルチフューエルは「ready to go」

廣瀬:ええ。ヨーロッパもまた水素活用に動いているという話もありますし、さっき普通に使われているガス用のインジェクターを使っていますと言っていましたけど、今トヨタさんが専用で水素用インジェクターを作られていますよね。例えばもしああいうものを使えたら、ポテンシャルは上げられると思いますので。

池田:とはいえ、水素を燃料にして出力を欲するなら過給しないとだめですよね。

廣瀬:そうですね。水素になるとどうしても出力が落ち気味になるので、本当は過給リーンで回したいんです。

池田:燃料の熱量では水素はガソリンに敵いませんからね。そこは過給してより多く空気を入れて、よりたくさん燃やすことでカバーできると。しかも希薄燃焼には極めて向いていると。ここを掘っていけばキリなく興味ある話があるんですけど……。マルチフューエルですね。これ、もしや何となくのスケジュールとかを言えたりしないですかね(笑)。

廣瀬:そこは……。

池田:いや、あと10年後ぐらいにこれをやりたいとか、そういう言い方でいいんですけど。

廣瀬:これは結局、水素やガソリンやバイオフューエルやe-fuelなどの燃料の値段がどの時点でいくらになってくるのかという想定によるので。

池田:なるほど。それによりますよね。

廣瀬:これはやっぱりいつも「ready to go」の状態にしておきながら。

池田:ready to goということは、技術としてはもうそんなに難しいことではないと。もうほぼ確立していると言って大丈夫なんですか。

廣瀬:バイオフューエルなんてもう、広島の本社の玄関にCX-5のバイオフューエル仕様が置いてあります。あれは藻類から作った燃料で走るんですけど、e-fuelも何ら変わるものじゃないですし、水素は先ほどの話で。

池田:なるほど、ということは、実験レベルではなくて、もう量産可能なレベルまで仕上がっていると。

廣瀬:そうですね。

池田:とはいえ、単品で造るのと量産で造るのとでは違うじゃないですか……とボクが廣瀬さんに言うのも僭越ですけれど。