「いまさら」6気筒エンジンは、マツダの暴走か?

今年6月の「中期 技術・商品方針説明会」で公開された図。グレーの矢印の一番上にある「電気自動車」が、MX-30 EV MODELから発展するのであろうマツダ独自のBEV、25年以降に登場すると見られる「SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー」が、廣瀬さんが言う「EVCASの成果が反映されていく」BEV、ということだ
閉じる