マツダは電動化時代にどうやって生き残るのか?

全てのクルマは電動化されるが、国ごとの経済力や電源構成などによって、脱炭素に向けての方策は変わってくる。そして下の図のように、ハイブリッドひとつ取っても、電池の容量、モーターの出力などによってさまざまな組み合わせが考えられる。市場の要望に合わせて、カーボンニュートラルへの最適な解を提供するのが、マツダの言う「マルチソリューション」だ。当然、開発・生産効率の問題が立ちはだかるはずだが、そこは後ほど突っ込んでいく
閉じる