海苔弁は好物である。

 貧乏臭くて申しわけないが、あれは日本が誇る弁当文化の傑作ではないか。見た目の主役は白身魚のフライなのに、「白身魚のフライ弁当」ではなく、舞台裏で存在を支える海苔をフィーチャーするセンスは秀逸だと思う。

 きんぴらや、ちくわの磯辺揚げの下、白米の上に敷き詰められた海苔のさらに下層に潜み、おかずとしてカウントされることすらないおかか。地味ながらも、その本質において、海苔弁の味とは、やはり海苔とおかかと米の三位一体である。見た目の印象に惑わされずに、味の記憶をたどれば、それはまさしく海苔弁と呼ぶことが相応しい。

 今回ここに紹介するのは海苔弁の王者である。店の名を「海苔弁 いちのや」と言う(靖国通り本店 東京都千代田区九段南2-2-5)。

 トヨタの広報車貸し出し基地は、千代田区三番町の二松学舎大学の裏手にあり、東京メトロの九段下駅から10分ほど歩く。クルマを借りに行く度に前を通り、気になっていた靖国神社前のこの店。なんと「海苔弁の専門店」である。

 そのうち広報車返却の後買ってみようと企んで、無理矢理スケジュールを調整した。朝飯抜きで、空腹を我慢してランチを後倒し。クルマを返して店にたどり着いたのが、15:45。しかもイートインなんてないので自動的に持ち帰り。専門店なので当然メニューは海苔弁一本勝負で、お値段1000円。しかも外税でタルタルソースは別売、レジ袋代も加算されて1139円也を支払う。普通の海苔弁が3個半買える。

 お値段から言っても、流石に作り置きではないので、10分お時間をと指示されて店内で待つ。ようやく出来上がった弁当の包みと空腹を抱えて、一目散で自宅へ戻る。何よりもこれだけの逸品、できるだけ作りたてを食いたいではないか。

 お味の方は期待を裏切らない。そもそもそこらで買える安物の海苔弁ですら、「安価で美味しい」を追求したもの。その上、素材の吟味を徹底し、調理の手間を惜しまずかけたとなれば美味いに決まっている。

 例えば白身魚のフライは、普通の海苔弁のそれと違って、魚肉にしっかりとした弾力がある。ホロッと崩れるはかなく淡泊な白身もそれはそれで悪くはないのだが、肉質の強さが違う。加えて魚肉の旨味が上質。イノシンの味というと美味そうに聞こえないかもしれないけれど、要するにアデノシンとリン酸の化合物が筋肉に蓄えられたエネルギーの味。

 赤身魚ほど濃厚ではない白身の魚ならではの旨味が明瞭にある。タルタルソースと衣のクリスプ感で、淡泊な魚肉を意識させずに食わせてしまう量販品と違って、白身魚本来の旨味をちゃんと味わわせるところが流石である。ちくわの磯辺揚げも含めて、揚げ油のさっぱり感はとても良い。

 鶏肉の味噌焼きは白身魚と同じ統一感だ。銘柄鶏特有の歯ごたえと肉汁。違いはイノシン酸に加えてグルタミン酸のよりストレートな旨味。それに焼いて焦がした味噌の香ばしさと甘みが加わって、もっと食いたくなる。みずみずしい漬物も期待通り。そしてそれら全てを率いてまとめ上げる海苔とおかかと米の鉄壁の布陣。

 という具合で、これは時々食いたくなる。ただまあ筆者の金銭感覚では1000円超えの海苔弁は高い。高いがたまになら良い。こういう安価であることが常識で、多くの人に親しまれているものに3倍くらいの値付けをして、クオリティにおいて歴然とした差別化を図って成立させるビジネスは確かにありだと思う。特に1000円程度の価格帯において。

 と、ここまで書いてから、大まじめに海苔弁のインプレッションをかましたことが照れくさくなってきたぞなもし。読者の皆様がどう思われるかはよくわからないけれど、体験・体感をデッサンして描くという意味では、クルマのインプレッションとさして差はない。という面白みもあることは発見であった。さて本論に移ろう。

「中国製EVの躍進」について

 ここしばらくの話題は中国製のEVの躍進ということになるだろう。「宏光MINI EV」が42万円の価格で爆発的ヒットだとか、上海蔚来汽車(NIO)のフラッグシップモデルはバッテリー容量150kWhで航続距離が800キロだとか言われているアレである。

 NIOの株価上昇率は米テスラを上回り、その躍進はまばゆい成功例として語られ始めている。まあそうだね。スゴいね。では終われない。そんな気軽な話ではないのだ。以下、順を追って説明しよう。

 国家間には様々な差異がある。例えば労働コスト。あるいは技術・産業基盤の厚さ。そういう実力差を調整するために関税と為替レートがあるわけだが、それらはあくまでも緩衝装置であって、その発動は抑制的に行うべきである。

 なぜならば、本来自由経済というものは、その中心に競争を置き、良品廉価を成し遂げた者が勝ち、敗れた者は退場していく。そういう無限のトライアルの中で継続して進化していくものである。ここで言う進化とは「世界中の人々がより豊かで文化的な生活を送れるようになること」を意味する。

 だからこそ、継続的な競争を絶やしてはならない。

続きを読む 2/3 WTOのルールを無視し続ける中国

この記事はシリーズ「池田直渡の ファクト・シンク・ホープ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。