「以前は排卵日が来たら焦る気持ちもあった。今はチャンスが増えたようで楽になった」──。

 こう話すのは、スマートフォンアプリ「ルナルナ」の利用者だ。ダウンロード数が1600万件を超えるルナルナでは、ユーザーは生年月日などのプロフィル、生理が始まった日と終了日、基礎体温などを登録する。それらのデータから独自のロジックを用い、月に1度の「排卵日」に加え、妊娠確率の高い5日間がいつになるかを予測する。有料プランでは基礎体温をもとに、より妊娠しやすい日などの情報を配信する。パートナーとの妊活を考える女性にとって心理的な負担の軽減につながる。

 アプリを使う会社員の女性(33)は「排卵日は月に一度しかない、と捉えるのではなく、期間で表示されるのはありがたい。不妊治療中だけれど、自分の夫に対しても、生活に対しても心に余裕ができたかもしれない」という。

アプリ「ルナルナ」上では生理の予定だけではなく、妊娠の可能性が高い期間などを表示する

 排卵日の予測といえば、1924年に荻野久作医師によって考えられた「オギノ式」が国内ではよく使われている方法の1つ。28日間の生理周期を前提とし、生理が始まる14日前を排卵日と推定する。ただ生理周期には個人差があり、100年前と今では食生活や生活リズムも異なるため、実際の排卵日とずれてしまうことも少なくない。

 アプリ「ルナルナ」を運営するエムティーアイでは、20~45歳までの妊娠を希望する15万人のうち、病院などの検査で排卵日を特定できた7043人を抽出。月経周期と排卵時期の相関関係を分析し、排卵日や妊娠の確率の高い5日間を予測する独自のロジックを見つけ、2014年からサービスに実装した。

 同社でルナルナの事業を担当する那須理紗氏は「オギノ式と比べ妊娠の確率が上がったというデータもある。生理痛やつわり、妊活などについては女性の間でも悩みや事情が異なっており、男性だけでなく、女性同士でも理解を深めるきっかけになれば」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1937文字 / 全文2741文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「芽吹くフェムテック市場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。