大企業の資産を生かしつつ、若手社員主導で経営スピードを高めようという大企業発スタートアップ。ただ、大きな組織には年功序列、部門の縦割り、煩雑な社内手続きなど起業に不向きな慣習がつきものだ。こうしたしがらみを突破するには、経営トップと現場のパイプを太くするという手法が効果的となる。

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は2020年5月、中堅・中小企業に業務支援SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を紹介するデジタル子会社、プラリタウン(東京・千代田)を設立した。

 三井住友FGから出向して社長を務める、並木亮氏(37)は、「デジタルは『まだ自分たちには先だ』と感じている中小企業の人がぷらっと立ち寄れるように、社名はだじゃれにした」と話す。銀行員のイメージに似つかわしくないTシャツ姿は、対話の相手の緊張をやわらげる「アイスブレイク」を狙っている。冬でも貫くというから、相当な変わり種だ。

トップのお墨付きで「はんこが減った」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1764文字 / 全文2212文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「社長製造業のススメ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。