私たちは、20年後にどんな世界に住んでいるのでしょうか? ベストセラー『2040年の未来予測』を出版した元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏は、未来には、人口減・社会保障などの暗い面と、テクノロジーや医療の進歩など、明るい面と両方があるといいます。未来に伸びる会社や人材の特徴はどのようなものでしょうか。今回の対談は、未来の事業について。『起業は意志が10割』を執筆された守屋実氏と、未来の会社や、成功する経営者について考えます。

成毛眞(以下、成毛):『起業は意志が10割』には50以上の新規事業開発や起業を経験して、いまなお止まることを知らない守屋さんの姿が描かれていますね。これは私のような米系企業にいた人間からすると驚きです。なぜなら、米国人は45歳くらいでリタイアしたい。できることなら働きたくないんですよ。

守屋実氏(以下、守屋):がむしゃらに働いている米国人の大半はアーリーリタイアするために、一生困らないお金を稼ごうとしているわけですよね。

成毛:そうです。私がマイクロソフトを辞めたのは2000年ですが、同時期に辞めた米国の幹部連中は誰一人まともに働いていません。会社を立ち上げるわけでも新しい事業をつくるわけでもなく、農場を立ち上げてワインをつくっています。あんまりおいしくもなく、ほぼ趣味です。それを考えると守屋さんのモチベーションは信じられないんですよ。

守屋:最初から明確な意志を持っていたわけではありません。大学を出て入社したミスミ(現ミスミグループ本社)で社長だった田口弘さんの影響がとても大きいです。

 入社したときに田口さんに「新規事業のプロになれ」と言われたんですよ。「日本には経理のプロや法務のプロはいるが新規事業のプロはいない。経理や法務はその仕事だけやり続けるのに、新規事業は立ち上げるとその事業の責任者になってしまって事業を立ち上げる機会がなくなるからだ。だから、あなたは、事業を立ち上げたら、うまくいってもいかなくても一定期間が過ぎたら、とにかく次に移りなさい」と。

成毛:新人の守屋さんに言う田口さんもすごいですし、それでプロになった守屋さんもすごいですね。

守屋:はい。でも、振り返ると田口さんにそう言われたから今こうなっているんです。その結果、ミスミで10年、その後に田口さんが立ち上げたエムアウトで10年、計20年で新規事業に合計17回携わりました。その後に田口さんから「もうそろそろ独立しろ」と言われて。あまり前向きではなかったんですが、これまた田口さんがそう言い続けるので独立しました。

<span class="fontBold">守屋実(もりや・みのる)氏</span><br/> 1969年生まれ。明治学院大学卒。1992年にミスミ(現ミスミグループ本社)に入社後、新市場開発室で、メディカル事業の立ち上げに従事。2002年に新規事業の専門会社、エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口弘氏とともに創業、複数の事業の立ち上げおよび売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラクスル、ケアプロの立ち上げに参画、副社長を歴任後、博報堂、メディバンクス、ジーンクエスト(ユーグレナグループ)、サウンドファン、みんなの健康、ブティックス、SEEDATA(博報堂グループ)、AuB、TOKYOJP、みらい創造機構、ミーミル(UZABASEグループ)、トラス、日本クラウドキャピタル、テックフィード、キャディ、フリーランス協会、JAXA、セルム、FVC、日本農業などの取締役、顧問、フェロー、理事など、 リクルートホールディングス、JR東日本スタートアップなどのアドバイザー、内閣府などの有識者委員、中国・山東省工業和信息化庁の人工智能高档顧問を歴任。2018年4月にブティックスを、5月にラクスルを、2カ月連続で上場に導く。著者に『<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4065212235/" target="_blank">起業は意志が10割</a>』(講談社)、『新しい一歩を踏み出そう! 会社のプロではなく、仕事のプロになれ!』(ダイヤモンド社)がある。</a>
守屋実(もりや・みのる)氏
1969年生まれ。明治学院大学卒。1992年にミスミ(現ミスミグループ本社)に入社後、新市場開発室で、メディカル事業の立ち上げに従事。2002年に新規事業の専門会社、エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口弘氏とともに創業、複数の事業の立ち上げおよび売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラクスル、ケアプロの立ち上げに参画、副社長を歴任後、博報堂、メディバンクス、ジーンクエスト(ユーグレナグループ)、サウンドファン、みんなの健康、ブティックス、SEEDATA(博報堂グループ)、AuB、TOKYOJP、みらい創造機構、ミーミル(UZABASEグループ)、トラス、日本クラウドキャピタル、テックフィード、キャディ、フリーランス協会、JAXA、セルム、FVC、日本農業などの取締役、顧問、フェロー、理事など、 リクルートホールディングス、JR東日本スタートアップなどのアドバイザー、内閣府などの有識者委員、中国・山東省工業和信息化庁の人工智能高档顧問を歴任。2018年4月にブティックスを、5月にラクスルを、2カ月連続で上場に導く。著者に『起業は意志が10割』(講談社)、『新しい一歩を踏み出そう! 会社のプロではなく、仕事のプロになれ!』(ダイヤモンド社)がある。

成毛:他のことをやる選択肢はなかったんですか。

守屋:新規事業開発を繰り返していたら、いつの間にか好きになってしまって、それ以外に興味のない人間になっていました。業界構造を変えるような事業の立ち上げに快感を覚えるようになり、全く飽きません。私も成毛さんのように外資企業にいたら違う人生があったかもしれません。与えられた環境が自分にたまたま合致して、20年間育てられたことが大きかったです。そして、楽しくなって、今でも同じ道で頑張っているという感じですね。

成毛:ただ、手がけてきた事業の数が多いだけでなく業種も広範囲ですよね。

続きを読む 2/4 旧来型の業界のどこかに新しい手段を持ち込んで、仕組みを変える

この記事はシリーズ「2040年の未来を一緒に考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。