日本で優秀な研究者を育てるには

グルース:日本の大学は、ガバナンスの構造がうまくいっていないと感じます。つまり、技術を産業界に移転しやすい構造になっていない。

成毛:OISTはどんな構造になっているのですか?

グルース:まず、OISTには「プロボスト(Provost)」というポストがあります。職務は大学によって少し違うかもしれませんが、海外の大学には大体このようなポストがあります。日本の大学の管理や運営は、事務局長が行うと聞いていますが、OISTのプロボストは研究に関わる人事や予算に関する権限を持っています。研究者出身のプロボストがいることで、研究者が働きやすい環境をつくることができます。

 また、ある研究がVC(ベンチャーキャピタル)から資金を得られるかどうかを判断できる担当副学長など、技術移転に詳しい人材を入れることで、研究を商業化フェーズに乗せる際に大学が指揮をとることができます。

成毛:事務局と、研究職への理解があるプロボストを分けるといいということですね。

グルース:そうです。

成毛:OISTに一流の研究者が集まっているのは、安定した研究資金をもらって研究ができることと、イノベーションを生み出す環境が整っていること。この2つに尽きるのでしょう。日本の大学がすぐにOISTをまねすることは難しいと思うのですが、優秀な研究者を育てるために何から始めるべきだとお考えですか?

グルース:まずはヨーロッパの公的資金を研究に投資する仕組みをまねするのがいいのではないでしょうか。そのうちの1つの例は、優秀な若手が5年間の研究期間に十分な資金を与えられ、自分のやりたい研究をするために自由に大学を選べることです。日本に置き換えるなら、東京大学、京都大学、東北大学などの中から、「ここで研究したい」と思う大学を選んで独立して研究ができるということです。この仕組みを取り入れるだけで人材が伸びますし、若い人たちが自立することで、そのためのコストもほどほどになるでしょう。

成毛:なるほど。ほかに、日本の大学を見て感じることはありますか。

グルース:大学というか、日本の政治家は基礎研究の重要さを分かっていないように感じます。日本だと軽んじられがちですが、基礎研究によって経済が発展できるのです。基礎研究と経済の相関関係を示した論文もたくさん出ています。特許の生まれた基礎研究の約75%は、公的資金によって行われているという論文(※)もあります。
※D. Hicks, A. Breitzman Sr, K. Hamilton, F. Narin, Science and Policy, Vol.27, pg 310 (2000)

成毛:そういった意味でも、日本政府が大学をはじめとした学術機関に予算を使わないことが問題ですね。

グルース:はい。大学発のベンチャー企業も、アメリカではたくさん出ています。日本のベンチャーキャピタルの投資額は、アメリカの3%ほどの規模にとどまっています。起業家を育成し、彼らが起業してリスクを取ることができるよう、十分な資金を提供する必要があります。

成毛:それから、日本での投資は、早く資金を回収させられるという課題もあると思います。学術研究は長いスパンで行うものですから、すぐに成果を求められても困りますよね。

グルース:確かに、その課題もあると思います。投資額の回収が期待できるようになるまで、スタートアップを10年程度成熟させる、長期的な我慢強い投資が必要なのです。余談ですが、僕は昔ドイツのミュンヘンとベルリンに住んでいたことがあります。ミュンヘンは治安が良く、大手企業が集まる豊かな都市で、イノベーションの推進力にもなっていた。一方で、ベルリンは比較的貧しくて混沌としていましたが、この混沌こそが、異なるタイプの起業家を惹きつけるのかもしれません。「混沌なくして創造なし」ということわざもあります。

成毛:それは面白いですね。

次ページ OISTの構想と沖縄の未来