国内外から優れた研究者を集めている沖縄科学技術大学院大学(OIST)。学術出版の英シュプリンガー・ネイチャー発表の「質の高い論文ランキング2019」では、OISTが日本1位、世界9位となった。修士課程がなく、5年一貫制の博士課程を提供するOISTは、どんな大学なのか。そして、日本の他の大学がOISTから学ぶべきこととは。元日本マイクロソフト社長で、『2040年の未来予測』を出版した成毛眞氏が、OISTのピーター・グルース学長に大学の未来を聞く。

OISTのイノベーションを生み出す環境

成毛眞(以下、成毛):OISTは他の日本の大学と全く異なっていますね。まず入学者の外国人比率が約80%にも上ります。なぜ世界各国から研究者を集めることができているのでしょうか。

ピーター・グルース学長(以下、グルース):学校の価値を決めるのは、内部にいる人だと考えています。ですから、先生も、学生も、いかに優秀な人を連れて来られるかが肝心です。

 なぜOISTが世界から一流の研究者を集められているのかというと、まず1つは、安定した研究資金の提供です。研究者個人を信用し、5年間、創造性の高い研究を追求してもらえる資金を担保します。5年後にそれを厳しく評価して、良い研究が行われているようであればそのまま継続して研究をしてもらうというシステムです。

成毛:なるほど。それから、OISTは准教授が独立して研究を行っているそうですね。日本だと准教授は教授の手伝いをする役割であることが多いですが、OISTはそうではない。

グルース:そうです。教授、准教授に限らず、全員がのびのびと研究できる環境が整っています。そもそもOISTには学部がありません。各分野で、それぞれの専門性を持った人たちが、力を合わせて研究を行っています。研究室に物理的な壁もなく、実験機器の共有も盛んです。つまり、イノベーションを生み出す環境が整っているというわけです。

<span class="fontBold">Peter Gruss(ピーター・グルース)氏</span><br/>学校法人沖縄科学技術大学院大学学園理事長、沖縄科学技術大学院大学学長。1949年、独アルスフェルト生まれ。ハイデルベルク大にて博士号(生物学)。マックス・プランク学術振興協会会長を12年務め、17年より現職。独シーメンスの技術革新カウンシル元議長。ドイツ連邦共和国功労勲章など、受賞歴多数。(写真:山口真由子、以下同)</a>
Peter Gruss(ピーター・グルース)氏
学校法人沖縄科学技術大学院大学学園理事長、沖縄科学技術大学院大学学長。1949年、独アルスフェルト生まれ。ハイデルベルク大にて博士号(生物学)。マックス・プランク学術振興協会会長を12年務め、17年より現職。独シーメンスの技術革新カウンシル元議長。ドイツ連邦共和国功労勲章など、受賞歴多数。(写真:山口真由子、以下同)

成毛:博士課程のカリキュラムでは、「ラボ(研究ユニット)ローテーション」を行っています。これもイノベーションが生まれそうな取り組みですね。

グルース:はい、現在設置されているラボは80以上にも上ります。1年次で3つのラボを選んで4カ月ごとにローテーションするのですが、そのうち1つは必ず自分の専門分野ではないラボを選びます。そこでの研究のほうが、面白い結果を生むことが多いんです。ちなみに、1名の教員に対して平均2~3名の学生という比率なので、指導も非常にパーソナライズされています。

成毛:なるほど。日本の大学は、世界での競争力が低いといわれています。理由は、OISTのような仕組みができていないからでしょう。日本の大学って、19世紀ぐらいから構造が変わっていないのではないかと僕は思います。

グルース:日本は考え方が保守的なのかもしれません。ちなみに、ドイツも日本と似ていました。しかし、学生運動があって変わったのです。海外の大学の多くは、OISTのような環境や給与体系であることが多いです。

成毛:日本も変わらなければいけない時代になっているのでしょう。

グルース:日本の大学の問題は、科学技術研究に投入される公的資金が、海外と比べて圧倒的に少ないことです。過去15年間増えていません。GDP(国内総生産)の比率で見ると、日本は0.6%を研究に投入しています。これは圧倒的に少ない比率です。ドイツでは1%近く、中国・韓国では1%以上の公的資金を投入しています。

成毛:だから日本では、ユニコーン企業も新しい産業も生まれにくいのかもしれません。

続きを読む 2/3 日本で優秀な研究者を育てるには

この記事はシリーズ「2040年の未来を一緒に考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。