私たちは、20年後にどんな世界に住んでいるのでしょうか? 人間である限り、年は必ずとります。元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏は、年金・社会保障・医療などを筆頭に未来は暗いと予測します。20年後なんてまだまだ先だと思っていても、その頃の未来を予測して生活していないと、手遅れになることもあるかもしれません。今回の対談は、現在と未来の医療について。注目のベストセラー『2040年の未来予測』(日経BP)にも登場する『未来の医療年表』を執筆された医師・医学博士の奥真也氏と、未来の医療について考えます。今回は、前後編の後編です。

前編から読む

これからの医者は、「覚える」よりも「思考重視」

成毛眞(以下、成毛):未来の医療を考える場合、病気が治るかどうかに焦点が当たりがちですが、医療の担い手である医師をとりまく環境も大きく変わるはずです。まず、将来どころか、今でも医師って大変じゃないのかなという疑問を抱いている人も多いでしょう。医学の発達によって、臨床のお医者さんが勉強しなければいけないことも増えている印象もありますが、どうなんですか。

奥真也氏(以下、奥):イエスであり、ノーでもあります。医者は医学の全体概念を理解するまでは、一人前になれません。昭和だろうが令和だろうが、そこは変わらないですね。その部分は、実は昔と比べて膨大になっているわけではありません。そういう意味で、イエスかノーかと聞かれればノーになります。

<span class="fontBold">奥真也氏プロフィル<br/>医師・医学博士</span><br/> 1962年大阪府生まれ。医師、医学博士。経営学修士(MBA)。医療未来学者。東京大学医学部医学科卒業。英レスター大学経営大学院修了。東京大学医学部附属病院放射線科に入局後、フランス国立医学研究所(INSERM)に留学、会津大学先端情報科学研究センター教授などを務める。その後、製薬会社、医療機器メーカーなどに勤務。埼玉医科大学総合医療センター客員教授。著書に『未来の医療年表~10年後の病気と健康のこと』(講談社現代新書)等がある。</a>
奥真也氏プロフィル
医師・医学博士

1962年大阪府生まれ。医師、医学博士。経営学修士(MBA)。医療未来学者。東京大学医学部医学科卒業。英レスター大学経営大学院修了。東京大学医学部附属病院放射線科に入局後、フランス国立医学研究所(INSERM)に留学、会津大学先端情報科学研究センター教授などを務める。その後、製薬会社、医療機器メーカーなどに勤務。埼玉医科大学総合医療センター客員教授。著書に『未来の医療年表~10年後の病気と健康のこと』(講談社現代新書)等がある。

:ただ、全体像といっても、一つひとつが深くなっています。昔は、内科と外科、小児科、産婦人科が分かっていればそれで大丈夫、という感じだったのですが、今はそれだけではなく細分化されていますし。一人前の医者といっても、時間がかなりかかります。医学部6年のうちの2、3年は時間をじっくりかけて、これらの概念を自分の中に作り上げないと、医者としても研究者としてもやっていけません。

 ここで注意しなければいけないのは、覚える量は増えていないのです。重要なのは考え方です。例えば、薬の名前や処方量は忘れてもいいのです。インターネットで検索すれば分かりますから。ですから、医師国家試験を思考重視型に変えようという動きも出てきています。ようやくそちらに舵(かじ)を切り始めた程度ですが。

成毛:そうですよね。分からなければ検索すればいいし、患者のデータがあれば、薬は人工知能(AI)が処方してもいいわけですからね。

:その通りです。基本的には、AIやコンピューターが代替できる仕事は全部置き換えればいいと思います。ただ、そうなると、そのお墨付きを誰が与えるかという新たな問題が浮上します。例えば、入院患者さんの真夜中の輸液の調整をAIが担っている機器があります。もしそれが故障して、事故が起きた場合には、誰が責任をとるのか。当直医が全部責任を負わされることになったら大変です。

 これは、自動運転の問題と根っこは同じです。自動運転で事故が起きた場合、車メーカーと運転席に座っていた人間の過失の割合をどう考えるか。保険で保障できるのか。ここの部分は何とかしなくてはいけないでしょうね。

続きを読む 2/3 多くの人を救いたい人は、医師ではなく別の職業の方がいい

この記事はシリーズ「2040年の未来を一緒に考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。