私たちは、20年後にどんな世界に住んでいるのでしょうか? 人間である限り、年は必ずとります。元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏は、年金・社会保障・医療などを筆頭に未来は暗いと予測します。20年後なんてまだまだ先だと思っていても、その頃の未来を予測して生活していないと、手遅れになることもあるかもしれません。今回の対談は、現在と未来の医療について。注目のベストセラー『2040年の未来予測』(日経BP)にも登場する『未来の医療年表』を執筆された医師・医学博士の奥真也氏と、未来の医療について考えます。

これから先、どの病気が治り、治らないのか

成毛眞(以下、成毛):「人生100年時代」が到来するといわれています。まあ、100年生きたいかという問題もあるかもしれませんが、医療技術の進歩で確実に死にたくても死ねない時代の足音を誰もが感じているはずです。そうなると、果たして、どの病気は治り、どの病気は治らないのか。まず、おたずねしたいのは、現在、「国民病」でもあるがんについてですね。2040年にはどの程度治るようになっているのでしょうか。

<span class="fontBold">奥真也氏プロフィル<br/>医師・医学博士</span><br/> 1962年大阪府生まれ。医師、医学博士。経営学修士(MBA)。医療未来学者。東京大学医学部医学科卒業。英レスター大学経営大学院修了。東京大学医学部附属病院放射線科に入局後、フランス国立医学研究所(INSERM)に留学、会津大学先端情報科学研究センター教授などを務める。その後、製薬会社、医療機器メーカーなどに勤務。埼玉医科大学総合医療センター客員教授。著書に『未来の医療年表~10年後の病気と健康のこと』(講談社現代新書)等がある。</a>
奥真也氏プロフィル
医師・医学博士

1962年大阪府生まれ。医師、医学博士。経営学修士(MBA)。医療未来学者。東京大学医学部医学科卒業。英レスター大学経営大学院修了。東京大学医学部附属病院放射線科に入局後、フランス国立医学研究所(INSERM)に留学、会津大学先端情報科学研究センター教授などを務める。その後、製薬会社、医療機器メーカーなどに勤務。埼玉医科大学総合医療センター客員教授。著書に『未来の医療年表~10年後の病気と健康のこと』(講談社現代新書)等がある。

奥真也氏(以下、奥):2040年には、がんのほとんどは、治るようになっているはずです。ただ、そこで気をつけなければならない点がいくつかあります。

 まず、「治る」をどう考えるかですね。例えば、「風邪が治る」と聞くと、多くの人は完全に回復する状態をイメージするはずです。ただ、私が「がんのほとんどは治る」といったのは、がんが体から完全に消えてなくなることではなく、命を落とす危険性がなくなる状態です。つまり、完治はしないが生活上は大きな制約を受けないイメージですね。そのように広い意味で、がんが治る時代になるはずです。『未来の医療年表』では、後者の「治る」を治癒の癒という字を使った「癒る」という別の字を当て、治療の治を使った「治る」と分けて考えたらどうかと提案しました。医療技術の発達で、がんに限らず、ほとんどの病気が「癒る」ようになってきます。

 とはいえ、「治る」を広く考えても、いくつかのがんは治療が難しい可能性が、やはりあるはずです。例えば、現在難敵とされている膵臓(すいぞう)がんや胆管がんなどが思い浮かびます。最も精力的に研究されている分野ですが、全てのがんが治るとは言い切れない。

 外科手術の執刀が人間からロボットにどのくらい置き換わるかもどの程度治るかを左右するでしょう。ただ、これは今後10年ぐらいの技術の状況を見極めないと、判断がつきません。現在のロボット支援技術が高度化して、外科手術のかなりの割合がロボットに置き換わるストーリーもある一方で、やはり人間が担わなければ難しいとなる可能性もあります。

続きを読む 2/3 新型コロナワクチンを皮切りに、これから創薬のスピードは速くなる

この記事はシリーズ「2040年の未来を一緒に考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。