あなたは、20年後に自分がどんな世界に住んでいるのか想像したことはありますか? 元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏は、年金・社会保障・医療などを筆頭に未来は暗いと予測します。そして、「未来を明るくするのはテクノロジーだけだ」とも言います。これからのテクノロジーはどうなるのでしょうか。注目のベストセラー『2040年の未来予測』(日経BP)を出版した成毛氏が、ソニーコンピュータサイエンス研究所所長の北野宏明氏と考えます。

成毛眞(以下、成毛):「未来に起きることには必ず現在に萌芽(ほうが)がある」が『2040年の未来予測』の大きなテーマですが、テクノロジーは象徴的な分野です。特にバイオテクノロジーは、私たちの未来を明るくする大きな希望です。本の中でも言及していますが、新型コロナウイルス対策のワクチン開発で時計が一気に進んだ感があります。

北野宏明氏(以下、北野):米ファイザーや米モデルナの提供しているワクチンは「遺伝子ワクチン」と呼ばれるものの1つで、ウイルスの遺伝子の一部である「メッセンジャーRNA(mRNA)」を利用したものですね。これは実用化に10年くらいかかると思っていましたが、コロナ禍という緊急事態が開発を早めました。1年弱の驚異的な速さで完成したのには驚きました。

北野宏明氏プロフィル
博士(工学)。ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長。ソニー株式会社 常務。株式会社Sony AI CEO。特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構 会長。学校法人沖縄科学技術大学院大学 教授。ロボカップ国際委員会ファウンディング・プレジデント。国際人工知能学会(IJCAI)会長(2009-2011)。The World Economic Forum(世界経済フォーラム)AI & Robotics Council委員(2016-2018)、Quantum Computing Council委員(2019-2020)。The Computers and Thought Award (1993)、 Prix Ars Electronica (2000)、日本文化デザイン賞(日本文化デザインフォーラム)(2001)、ネイチャーメンター賞中堅キャリア賞(2009)受賞。ベネツィア・建築ビエンナーレ、ニューヨーク近代美術館(MoMA)などで招待展示を行う。

成毛:ワクチンの作り方が根底から変わりますよね。これまでのワクチン開発では、弱毒化したウイルスや感染力を失わせたウイルスなどを使うことが多かった。薬は、これまでは「たまたま」見つけていたものですが、このワクチンは、完全に人間主導でデザインされたものです。

 この「遺伝子ワクチン」は、ウイルスのゲノム情報さえ解明できれば、遺伝子の生成が比較的簡単なので時間もコストもそれほどかからないと言われていました。しかし、理論上はそうでしたが、これまでは実用化されていなかった。それが、今回一気に進みましたからね。加えて、有効性(臨床試験で効果を示す指標で、接種によって感染や発症が減ったと考えられる割合)が驚異的に高いのです。

北野:ファイザーもモデルナも9割超ですよね。最初のリポートを見たときは腰を抜かしました。これまでのインフルエンザのワクチンの有効性が5割くらいですから。正直、ワクチン開発といっても、今までの延長線上だったら、感染が拡大し続けている新型コロナにはあまり期待できないと思っていたのですが、考えを改めました。

 mRNAはゲームチェンジャーになり得ますね。モデルナは新型コロナにとどまらず、インフルエンザやHIVなどでもmRNAベースのワクチンの開発に取り組んでいます。世界が変わるなという期待があります。

成毛:もちろん、人間の対策に合わせて、ウイルスも進化します。それが人類の歴史です。世界の全ての人にワクチンを打てるわけでもないし、完全に撲滅することはできないと思いますが、戦い方は変わりますね。著書『2040年の未来予測』にも書きましたが、この分野は本当に進歩が目覚ましく、「変わるんだ」ということを認識することが必要です。

北野:今まではウイルスが暴れていても弾を込める――ワクチンの開発に時間がかかるから、局所的封じ込め対応に終始せざるを得なかったし、受け身にならざるを得なかったわけです。今回、mRNAワクチンが迅速に作れることが分かったので、人間の側から早期に警戒網を作れるようになっていくのではないでしょうか。

続きを読む 2/3 コロナ後は、人の精神性に訴えるサービスが台頭するかも

この記事はシリーズ「2040年の未来を一緒に考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。