あなたは、20年後に自分がどんな世界に住んでいるのか想像したことはありますか? 元日本マイクロソフト社長の成毛眞氏は、年金・社会保障・医療などを筆頭に未来は暗いと予測します。ただ、未来を知り、何をすべきか考えれば、豊かな人生に変えられます。2040年の私たちの衣食住はどうなっているのでしょうか? 注目のベストセラー『2040年の未来予測』(日経BP)を出版した成毛氏が、気仙沼ニッティングの御手洗瑞子氏と考えます。

成毛眞氏(以下、成毛):『2040年の未来予測』は読者の年齢によっても受け止め方が異なるようです。若い人からは「テクノロジーのパートは将来への希望が持てた」という声がある一方、「社会保障制度の章を読むと、日本は税金は増えるのに年金は減り、暗たんたる気持ちになった」との声も寄せられています。本書にも書きましたが、日本は直近の8年で社会保険料が26%も増えています。残念ながら、この先の未来も日本の経済成長率はずっと横ばいでしょう。なので、給料は上がらない。しかし、高齢者が増えるので、払わなければならない社会保険料がますます増えていくのは間違いありません。

『2040年の未来予測』132ページより抜粋

御手洗瑞子氏(以下、御手洗):私も、最も興味深かったのは社会保障の部分です。社会保障のベースとなる人口の変化は予測の精度が非常に高い分野ですが、この本で20年後の世界を数字とともに突き付けられて、より現実味をもって感じられました。

 特に私が宮城県気仙沼市という、日本の少子高齢化の先を行く土地に住んでいることも関係しているかもしれません。高齢者が多くて、若者が少ないことは、街を歩いていても実感できます。若者が今後ますます少なくなるのは確実ですから、「どうやって、この⾼齢者たちを⽀えるんだろう」と考えてしまいます。

御手洗瑞子
株式会社気仙沼ニッティング 代表取締役社長

東京生まれ。東京大学経済学部卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2010年9月より1年間、ブータン政府に初代首相フェローとして勤め、産業育成に従事。東日本大震災後の2012年、宮城県気仙沼市にて、高品質の手編みセーターやカーディガンを届ける「気仙沼ニッティング」の事業を立ち上げる。2013年に法人化し、現職。規制改革推進会議の委員も務める。好きなものは、温泉と日なたとおいしい和食。

成毛:そうなんですよね。考えてみれば当たり前ですが、人口は急には増えたり減ったりしません。テクノロジーがいくら進展しようが、少子高齢化はどうにもならない。今の10代の人口が40代になったら増えることは絶対にあり得ないんですよ。

 とはいえ、社会保障の未来を嘆いていても何も解決しない。個人的には、気仙沼での御手洗さんの取り組みに2040年を豊かに生きるヒントがあると思っています。御手洗さんの会社(気仙沼ニッティング)では60歳前後の女性が一から編み手さんとして働き始める場合も少なくないと聞いていますが。

御手洗:はい。当社は東日本大震災後の東北で、復興支援が引いた後も地域に根付き持続していく産業をつくろうと設立しました。地元の女性たちが編み物のトレーニングを受け、技術を習得し、プロの編み手さんとして仕事をしています。

 編み手は50~60人いますが、今はコロナ禍なのもあり、バリバリ仕事をしているのは30~40人ほどでしょうか。60歳前後の人が多いです。基本は在宅での作業で、技術指導や検品を受けるために週に一度ほど職場に来ます。編み手の中には家族の介護などを抱える人もいますから、自宅で好きな時間に自分のペースで仕事ができる、というのがよいようです。

続きを読む 2/3 未来を見れば、メシの種はそこらじゅうにある

この記事はシリーズ「2040年の未来を一緒に考える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。