そこで、レモネードはテキストで自動応答してくれる「AIチャットボット」を活用し、スマホから2分で保険契約が完了する優れたUI(ユーザーインターフェース)を武器に、若者から支持を受けました。彼らはまず家財保険という領域に焦点を当て、仲介ではなく自社で保険商品を開発・直販する垂直統合モデルを採用しています。テクノロジーによる合理化の結果、提供価格も従来より安く済むのも人気です。

 ビジネスモデルにも特徴があります。レモネードは支払った保険料のうち、取り分を25%固定にしており、未請求分の保険料は契約者が選択した非営利団体に寄付される仕組みにしています。手ごろな価格、契約の簡素化、透明性が顧客の支持を得ており、90%の契約者が「初めての保険契約」がレモネードだったというデータもあるほどです。加えて契約者の約70%が35歳未満となっています。こうした背景もあって、売り上げ規模としてはまだ大きくなくても市場からは非常に高い評価を受けています。

 こうして、若者たちはレモネードを利用するようになったわけですが、彼らは今後のライフサイクルにおいて、ほかの保険を必要とする日が必ず来ます。ペットを飼えばペット保険が、家を買えば持ち家保険が必要となる。つまり、レモネードは複数の保険商品の契約を上積みで狙っていくことができるのです。

 ここまで見てきてお分かりいただけるかと思いますが、ダラーシェイブクラブもレモネードも、「店頭」や「リアル」を必要としていません。まさにデジタル上の顧客接点によって、店頭やリアルから消費行動が消えた例です。いずれもゼロサム市場で、テレビ広告などに依存していますから、連載第2回でも話した「店頭から消費が消える」と「D2Cスタートアップの6つの投資条件」にも確かに当てはまります。

 さらに、顧客とデジタル上で直接的につながり続ける企業は、MD(マーチャンダイジング)、広告や販促、CRM(顧客情報管理)においても圧倒的優位を保つことができます。連載第2回で見たように、データによる機械学習やユーザー体験の向上によって、次なる発展も担いやすい。この関係性を、従来型のビジネスで崩そうとするのは難しく、いかに脅威となるかが想像できるのではないでしょうか。

合わないはずの採算が合ってしまう日本の特殊性

 逆に言うと、日本でダラーシェイブクラブのような存在が定着しないのは、店頭での消費がそれだけ効いているということでもあります。日本のスーパーやコンビニの利便性は高く、顧客体験が優れています。米国のスーパーに一度でも行けば、その不便さを感じるでしょう。立地が生活圏から離れており、とにかく広いですから。

 日本は特殊な国です。テレビ、コンビニ、チラシという3つの存在が大きいためです。米国はケーブルテレビ文化で膨大なチャンネル数があります。日本の場合はチャンネル数は限られており、これだけで人口の浸透度でいえば9割以上を占めてしまいます。

 そして、コンビニという半径600メートルの商圏を相手にするビジネスが成立して、銀行のATMまで置かれている。さらに、古紙品質が良く紙の値段が非常に安価なため、チラシというツールがいまだに効果を発揮しています。他の国ではけっして採算が合わないはずなのに、日本では採算が合ってしまいます。

 これらは、そもそも日本人が「狭いところに密集して暮らす」という文化を持っているためであって、すでに都市部では街中がコンパクトで効率的だからだと言えます。つまり、米国や中国のDX事例をそのまま導入するのは、あまりにも環境が違いすぎるため難しいのです。

 日本は「日本型DX」を目指していくしかないというのが、私の考えです。その方法について、次回でお話しします。

この記事はシリーズ「データで読み解くDXの真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。