日本にもDX(デジタルトランスフォーメーション)の波が訪れているが、進捗はまちまちのようだ。企業の「DX格差」を分ける要因とは何なのか。NTT東日本、ネスレなど700社以上にDXソリューションを提供し、『DX入門』の著者でもあるKaizen Platform代表取締役の須藤憲司氏に、DXの要諦を聞いていく。初回はコロナで浮き彫りになった、企業の新たな競争力に迫る。

(内容をテキストで読みたい方はこちら

(写真:的野 弘路)

こちらから音声コンテンツを
お楽しみいただけます

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り340文字 / 全文570文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「データで読み解くDXの真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

この記事のシリーズ

2021.4.23更新

Powered by リゾーム?