スリーダイヤのマークはもう、かつての輝きを取り戻すことができないのだろうか。

 無論、日本を代表する旧財閥系・三菱グループのこと。2020年秋、東京都内で開かれた三菱創業150周年の式典は、コロナ禍という時世も重なり、お祭りムードと呼ぶには程遠い状況だった。

 いわゆる「御三家」トップはみな、「変革」「巻き返し」の必要性を強調、危機感をあらわにした。三菱重工業の宮永俊一会長は「大転換期の中でまた新しい芽が出て新しい三菱グループが出来上がっていくと信じている」と話し、三菱商事の小林健会長は「それぞれの企業が社会変革にもがいている」と語った。150年の歴史を誇る三菱各社とて、かつてない逆風の中で今まさにもがきの渦中に身を置く。

三菱重工業は小型ジェット機の納入延期を繰り返していたところに、コロナ禍による旅客需要消失の直撃を受けた

御三家で相次ぐ"首位陥落”の現実

 無理もない。御三家だけ見ても明るいニュースに乏しく、例えば三菱商事は伊藤忠商事に時価総額で抜かれた。三菱UFJフィナンシャル・グループは2020年3月期の連結純利益で、三井住友フィナンシャルグループに追い越された。三菱重工は小型ジェット旅客機「三菱スペースジェット」で迷走し、事業凍結に追い込まれた。

 では、ここからどう立て直していくのか。首位陥落が相次ぐ三菱にあって、宮永氏が式典であえて引き合いに出したのは、「“挑戦者”として第一歩を踏み出した原点に立ち戻る」という点だ。

 挑戦──。つまりは、150年の歴史を経て巨大グループになったものの、現状に甘んじていたり、新領域の開拓に躊躇(ちゅうちょ)していたりする部分はないか。コロナ禍という危機だからこそ、自社の歴史や創業者(ファウンダー)の声と行動をひもとき、危機克服と未来へのヒントを探るべきだ。そんな思いがにじむ。

続きを読む 2/4 「しがらみ」乗り越え「挑戦」続けられるか