(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)

 米テスラとイーロン・マスクCEO(最高経営責任者)をこよなく愛す「テスラ・マニア」。この1カ月間、SNS(交流サイト)でしきりに話題にしているのが、米アップルが2024年にも発表すると目されるEV(電気自動車)、通称「アップルカー」だ。

 「エキサイティングだ! これからのモビリティー市場をテスラとアップルで奪い合うことになるのだから。しかも両社は全く異なる戦略を持つ。戦略の差は、それぞれが採用するバッテリーの特性から読み取れる──」

 電池技術の最新情報をニュージーランドから動画で発信しているジョーダン・ジーシジさんは、こう興奮気味に話す。テスラが採用するのは、パナソニックと米ネバダ州に建設した「ギガファクトリー」で内製するリチウムイオン電池だ。ではアップルは?

 ジーシジさんは、秘密主義で知られるアップルの内部情報を同じテスラ・マニアから入手した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2136文字 / 全文2532文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題