6月13日に閉会した主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、バイデン米大統領は対中国で結束を求めた。しかし、議長国の英国は中国への配慮をにじませたほか、フランスのマクロン大統領は「(G7サミットは)中国を敵視する集まりではない」と述べ、前のめりになるバイデン大統領をけん制した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4451文字 / 全文4474文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「菅野泰夫のズームイン・ズームアウト欧州経済」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。