英国では1月6日から4日連続で、1日当たりの死亡者数が1000人を超えており、春のピーク時より死亡者数がさらに急増する可能性も指摘されている。頼みのワクチンも接種の拡大や有効性に疑問符がつく。英政府のコロナ対策が後手に回り、医療崩壊が現実味を帯びている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3180文字 / 全文3196文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「菅野泰夫のズームイン・ズームアウト欧州経済」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。