奈良県香芝市の鋳物会社、五位堂工業は、創業家の先祖が奈良時代に東大寺の盧舎那仏(るしゃなぶつ、大仏)づくりに関わったと伝わる。江戸時代は寺の梵鐘(ぼんしょう)、その後は農具などを手掛け、戦後は産業機械関連に転じた。鋳物にこだわりつつ、事業分野を変えながら生き残ってきた(文中の創業年などには諸説ある)。

五位堂工業の津田家宏相談役と息子の家仁社長(写真:宮田昌彦、以下同)
五位堂工業の津田家宏相談役と息子の家仁社長(写真:宮田昌彦、以下同)

 日本鋳造工学会のホームページによると、鋳物は紀元前3000年ごろには既にメソポタミアでつくられていた。日本には鋳造技術が中国、朝鮮半島を経由して伝わり、弥生時代中期(紀元前100年~紀元100年頃)には国内でも鋳物づくりが始まったと考えられている。銅鐸(どうたく)や銅鏡などの製造を経て、奈良時代になると仏像や梵鐘などがつくられるようになった。

 五位堂工業は売上高が約10億円で、社員が約30人。一見するとどこにでもある中小の鋳物メーカーのようだが、創業ファミリーである津田家は、ルーツが奈良時代に東大寺の大仏をつくった鋳物師にあるといわれている。

 当時の詳しい記録などは残っていないものの、同社によると、江戸時代以降にできた「鋳物師国郡人別名簿」には、「奈良時代に東大寺の大仏造立の指揮をとった鋳物師の流れを汲(く)む」と記されている。ここから同社は大仏の工事が始まった天平17(745)年ごろの創業だとしている。

 信金中央金庫の地域・中小企業研究所は「産業企業情報」で同社を国内で「千年超の業歴を有するとみられる主な長寿企業」の1社として挙げる。また専門書の『老舗企業の研究』に掲載の「老舗企業設立年表」(日本経済大学大学院の後藤俊夫特任教授が作成)においても、同社を1000年企業の1社だとしている。

 創業期についての伝承は少なく、津田家に伝わる次のエピソードは、大仏建立から800年以上経過した慶長年間のことになる。鋳物にまつわるよく知られたエピソードとともに歴史に顔をのぞかせる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2445文字 / 全文3260文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1000年企業の肖像」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。