奈良時代に創業の古まん(兵庫県豊岡市)は開湯1300年を超えた城崎温泉において最も古い旅館だ。疫病が流行した江戸時代末期に経営が苦しくなったが、屋号や創業地を譲り渡すギリギリの決断で生き残った。コロナ禍の難局を前に、地域とともに乗り越えようと奮闘する(記事中に登場する企業の創業年などには諸説ある)。

日生下家にある「日生下氏家宝旧記」「曼陀羅記」(写真=大亀京助、以下同)
日生下家にある「日生下氏家宝旧記」「曼陀羅記」(写真=大亀京助、以下同)

 兵庫県の日本海側に面した城崎温泉。「関西の奥座敷」として人気が高く、松葉ガニなどが食べられる冬場の11~3月には特に多くの観光客が訪れる。旅館に滞在するだけでなく、外湯を回りながら昭和初期の風情ある町並みをそぞろ歩く魅力があり、2020年には開湯から1300年を迎えた。

 この地で温泉旅館を手掛ける古まん(同県豊岡市)は奈良時代の養老元(717)年の創業とされる。信用調査会社の東京商工リサーチと帝国データバンクはともに古まんを「国内で4番目に古い会社」であり、温泉旅館では西山温泉慶雲館(山梨県早川町)に次いで「2番目に古い」としている。

現在の当主は22代目

 古まんは日生下(ひうけ)家のファミリービジネスとして続いてきた。城崎を開いたという伝承がある古いファミリーであり、当地の四所神社は和銅元(708)年につくられて以来、日生下家が長く神職を務めてきた。

 はっきりした家系図が残るのは江戸時代初期からだ。現在の当主である日生下民夫氏は22代に当たる。1969年生まれの民夫氏は大阪の大学を卒業後、将来の事業承継を意識して同じ兵庫県の有馬温泉で修業し、数年後に家業に加わった。

 大正14(1925)年に起こった北但大震災(北但馬地震)で、城崎温泉は大半の建物が倒壊や火災に見舞われた。古まんも被害を受け、所有していた多くの史料が失われた。それでも温泉街の中心付近にある温泉寺は被害を免れ、ここに日生下家の当主が慶長年間にまとめた「日生下氏家宝旧記」「曼陀羅(まんだら)記」の写本が保管されていた。古まんには現在この写本を写した巻物が伝わっており、事業がスタートした奈良時代の様子の一端がこの巻物から浮かび上がる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2765文字 / 全文3643文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「1000年企業の肖像」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。