日本を代表する電機メーカー、日立製作所と東芝。かつて発電システムや半導体、家電、パソコンなどで競合してきた2社は、それぞれリーマン・ショックや不正会計に端を発したどん底からはい上がってきた。2社の道はどこで分かれ、今はどこを向いているのか。日立と東芝の歴史と現在をひもときながら、日本の電機メーカーの未来を探る。(写真は日立製作所の横浜工場におけるテレビ生産の様子)