ガソリンや牛丼など様々な商品の値上げが相次いでいる。新型コロナウイルス禍で落ち込んでいた経済が回復する兆しを見せているのは喜ばしいことではあるが、物価の上昇は消費者心理も冷やしてしまう。相次ぐ値上げは果たして「インフレ」といえるのか。関連項目も含め知っておきたい10項目を整理した。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

1:そもそもインフレとは?
2:どんなものの値段が上がっている?
3:値上げが相次ぐ背景は?
4:相次ぐ値上げはインフレといえるの?
5:インフレは悪いことなのか?
6:インフレのメリットは?
7:デフレとの違いは?
8:ハイパーインフレーションとは?
9:スタグフレーションとは?
10:インフレを抑制するには?

1:そもそもインフレとは?

 インフレとはインフレーションの略で、商品やサービスの物価が全般的に継続的に上昇していく状態を指す。一方で、物価が継続的に下落していく状態をデフレーション(デフレ)という。一般的にインフレの状態では以下のような循環が起こる

  1. 需要が供給量を超える
  2. 価格が上がる
  3. 企業の売り上げが増加する
  4. 労働者の給料が増加する
  5. 消費が増える

→①に戻る

2:どんなものの値段が上がっている?

 牛丼チェーンの吉野家は10月29日、牛丼並盛の本体価格を36円引き上げて388円にした。山崎製パンは2022年1月1日出荷分から、一部の食パンの価格を平均で9%引き上げると発表した。輸入小麦の政府売り渡し価格が21年10月から19%引き上げられたことなどを理由に挙げている。そのほか、資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンの値段は11月1日時点で1リットル当たり168.7円と9週連続で値上がりした。マーガリンや砂糖も価格が上昇している。

3:値上げが相次ぐ背景は?

 背景には、世界的な原材料の高騰がある。コロナ禍で落ち込んでいた需要が世界中で急回復しつつあるからだ。例えば、国際商品全体の値動きを示す「CRB指数」を見ると、新型コロナの影響を受けた2020年4月ごろに120ドル以下まで下落したが、21年11月には230ドル前後にまで上昇してきている。コロナ以前の19年は180ドル前後で推移していたので、それよりも高い水準だ。CRB指数はエネルギーや農作物、金属など様々な最終財の原材料になる品目で算出されている。

 さらに需要の増加によって船便などの運送量が増加し、運賃も上がっている。日本海事センターによると、20フィートコンテナを横浜からニューヨークまで運ぶ場合、20年9月の運賃は4080ドルだったが、21年9月には1万320ドルまで上がった。こうした運賃の上昇も、消費財の値上げの原因の一つだ。