円安の勢いが強い。10月15日、一時1ドル114円台と約3年ぶりの水準まで下がった。為替動向は製造業・非製造業問わず幅広いビジネスに影響を及ぼし、岸田文雄首相も12日の国会で円安に言及した。外国為替市場、特にドル円相場について知っておきたい10項目をまとめた。

(写真:共同通信)
(写真:共同通信)

1:対ドルでの円安はどこまで続きそうなのか?
2:いま円安が進んでいるのはなぜ?
3:円安を引き起こす米金利上昇の理由は?
4:円安はいいことなのか。メリットとデメリットは?
5:「悪い円安」ってどういう意味?
6:企業は為替変動にどう対応しているの?
7:外為市場を動かすのは誰?
8:FX取引のトレンドは?
9:そもそも外為市場ってどう始まった?
10:政府は外為市場に介入するの?

1:対ドルでの円安はどこまで続きそうなのか?

 1つの節目は1ドル=114~115円だ。2017年以降、ドル円相場は105~115円の範囲にほぼ収まってきた。企業収益を基に割高・割安が判断できる株価と異なり、外国為替市場では絶対的な「ものさし」が存在せず水準を判断しづらいため、「経験則」が壁として意識されやすい。115円に近づけば、「そろそろ限界か」とみてドル買いポジションの利益を確定したり、円高方向への反転を狙ってドル売り・円買いを仕掛けたりする動きが強まりやすいわけだ。

 この壁を越えるようなら、次の節目としては16年12月の118円台(米大統領選でトランプ氏が勝利した後のいわゆる「トランプラリー」でのドル高局面)や、15年から16年初めにかけての120円台(日銀の異次元緩和を背景にした円安局面)が意識される。

2:いま円安が進んでいるのはなぜ?

 直接的な理由は「ドルが買われているから」。その主因は米金利の上昇だ。9月下旬以降、米長期金利(10年物国債利回り)は1.3%台から一時1.6%台に急上昇しており、足元のドル高・円安が始まった時期と一致する。振り返れば、米長期金利が1%近辺だった年明けから1.7%台に上昇した3月末にかけて、円相場は102円台から110円台まで一気に下落しており、連動性は高い。

 「金利の高い通貨は買われる」のが外為市場の有力な経験則の1つだ。外為に絡む金融取引は多様だが、あえて単純化すると、低金利通貨を保有し続けるよりも高金利通貨で運用した方がリターンを得やすいためだ。例えば現時点では、日本国債よりも米国債の方がより多い利息収入を期待できる。

続きを読む 2/3 円安はいいことなのか

この記事はシリーズ「10 Questions」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。