日本郵便が2021年10月から郵便サービスの内容を変更する。一般的なはがきや手紙では、土曜日に配達されなくなるほか、届くのにかかる日数も増える。広く根付いたインフラの内容が変わるため、個人だけでなくビジネスで利用している場合にも注意が必要だ。ポイントを10項目にまとめた。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

1:土曜日に届かなくなる郵便サービスの対象は何?
2:ゆうパック、ゆうパケットは土曜日でも届く?
3:土曜、日曜に差し出した場合、到着はいつになるの?
4:配達日指定のサービスはどうなるの?
5:サービス変更の経緯は?
6:サービスの改悪では?
7:ビジネス活動への影響は?
8:そもそも郵便は他社も扱えないの?
9:なぜ手紙は規制されているの?
10:そもそも郵便需要はどうなっている?

1:土曜日に届かなくなる郵便サービスの対象は何?

 郵便物(手紙やはがき)・ゆうメール、スマートレター、特定記録。日曜日と祝日はこれまでも配達していなかった。具体的には、2021年10月2日の土曜日から届かなくなる。これまでなら金曜に投函(とうかん)すれば、土曜に到着していた地域では、週明けの月曜に到着することになる。

2:ゆうパック、ゆうパケットは土曜日でも届く?

 従来と変わらずに届く。土曜日の配達がなくなるのは、国内便では郵便物・ゆうメール、スマートレター、特定記録のみ。ゆうパックやゆうパケットは引き続き土曜日、日曜日、祝日も配達される。速達や書留、レターパックも以前と変わらない。一口に郵便サービスといっても、細かく種類が分かれている。普段自分がどのサービスを使っているかを確認することが必要になる。

3:土曜、日曜に差し出した場合、到着はいつになるの?

 後ろ倒しになる。10月から一律にではなく、段階的に変わる。最終的には、これまで週末に差し出して次の月曜に到着していた地域宛では、到着が火曜になる。さらに、平日に差し出した場合も到着が1日ずつ後ずれする。(翌日配達だった地域では)月曜差し出し→水曜到着、火曜差し出し→木曜到着、水曜差し出し→金曜到着、木曜差し出し→月曜到着、金曜差し出し→月曜到着、になる。後ろ倒しが実施されるスケジュールについて日本郵便は「9月下旬以降、順次説明できるよう準備中」だという。

4:配達日指定のサービスはどうなるの?

 継続する。ただし、配達日を土曜日に指定する場合の料金が、32円(平日の料金)から210円と、日曜・休日を指定する場合の料金と同水準に引き上げられる。

5:サービス変更の経緯は?

 2020年11月の国会で可決成立(公布は12月)した郵便法の改正に伴うもの。法改正では、普通郵便物の配達頻度について「週6日以上」から「週5日以上」に変えた。送達日数についても「原則3日以内」の制限が「原則4日以内」に変更された。日本郵便は背景について「インターネットの普及や各種請求書のweb化の進展で郵便物数の減少傾向が継続している。安定的に郵便サービスを提供するために、サービス内容について見直す必要がある」「週末や深夜労働に依存する労働環境を改善し、働き方改革を進めるとともに、労働力確保難に対応していく必要がある」といった点を挙げる。

続きを読む 2/2

この記事はシリーズ「10 Questions」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。