新型コロナウイルスによる業績悪化で株主優待制度を廃止、縮小する企業が出始めた。個人投資家からはブーイングも出るが、日本株の株主に占める個人の比率は2割弱に過ぎない。大半を保有する金融機関や事業法人といった大口投資家は、株主優待をどうみているのだろうか。そもそも株主優待でもらう品を機関投資家はどう処理しているのだろうか。