全2370文字

 「請願駅」──。この名称に良い印象を持つ人、悪い印象を抱く人、どちらが多いだろう。

 新幹線、在来線に限らず、我が街を活気づかせる駅がほしい。でもJRはじめ鉄道各社の当初計画には入っていない。

 ならば地方自治体が、鉄道会社に代わって、駅建設に必要なお金を出して造ればよい。たとえ税金を投入しても街が活性化すれば、受益と負担の関係や費用対効果の帳尻は合う……。ここでの名指しは避けるが、日本全国にはこうした経緯で造られた駅が数多くある。

リニアも決別した「請願駅」ラッシュ

(写真:日刊工業新聞/共同通信イメージズ)

 日本経済が右肩上がりの時代にはそれでもよかったのかもしれない。だが駅前再開発すらうまくいかず閑古鳥が鳴き、その街で最もにぎわっているのは郊外型の大型商業施設……。そんな場所は、地方都市で数え上げればいくらでもある。バブル崩壊以降、デフレと不況、または低成長に悩んできた日本にあって、そもそも「駅さえできれば街が潤う」という発想自体が猛烈に古くなった。

 しかも、地元出身の政治家をはじめ「強い欲望」と「票」のにおいさえ渦巻くこの請願駅だ。JR東海が建設を進めるリニア中央新幹線は、早い段階からこの歴史との決別を宣言し、「リニアは各県1駅のみ」の原則を打ち出している。「地元などからの要望を受け入れて何度も駅に止まっていたら、スピード勝負のリニアがリニアでなくなる」。そんな思いもある。

 10月31日、埼玉県内に新駅が誕生した。県北部の寄居町にできた、東武鉄道「みなみ寄居駅」だ。これもまた同じ「請願駅」ではあるものの、これまでと性格はだいぶ異なる。頼んだ側は、鉄道駅であっても自動車メーカーのホンダ。費用負担も全額、ホンダ。企業拠出型の新駅建設だ。