全4762文字

 従来型の教育を受けず、不安を抱えたまま入社から半年が経過した今年の新人。だが企業の現場からは「今年の新人はむしろ有望」との声が少なからず上がる。従来型教育を知らない新人たちの健闘は、既存の新人教育法にある疑問を投げかける。

タリーズコーヒージャパンはコロナ禍で研修内容の大幅な変更を余儀なくされ、4月の集合研修は実質4日間のみ。それでも新入社員は基本動作がしっかりしているという(左が新入社員の中野遥さん、右がトレーニングマネージャーの野口真由氏)

 緊急事態宣言の延長が決まり、コロナ禍がますます混迷を深めていた5月上旬、コーヒーチェーン大手のタリーズコーヒージャパンで新入社員研修を担当するトレーニングマネージャー、野口真由氏は不安を抱えていた。心配の種は、5月6日から店舗での実地研修に入った2020年4月入社の新人たちのことだ。

 対人業務がほとんどを占める上、コーヒーなどの商品をいれる技術も要求される同社の現場。例年であれば、現場に出る前に4月の入社から1カ月かけて、接客マナーから店舗オペレーション、コーヒーの知識まで座学でみっちり教え込む。今年は、研修内容の大幅な変更を余儀なくされ、集合研修は実質4日間のみ。74人の新入社員は、およそ100項目に及ぶ基礎知識の多くを動画で学ぶことになった。

 だが実際に、営業中の店舗に新人たちが散らばると、各地からは意外な報告が入り始める。「在宅研修でも基本動作がしっかりしている」というのだ。

自宅での「ままごと」でスキル磨く

 その事実は、10月中旬、店舗での実習成果をお披露目する本社での「オペレーション研修」でも実証された。基礎知識の多くをオンラインで学んだ上、コロナ禍で来店者数が例年より少ないため接客経験も十分でないはずの新人たち。にもかかわらず、彼らの多くは集まった本社スタッフに、キャリアを考えれば十分なスキルを披露した。「感動してしまいました」と野口氏は振り返る。

 従来型の新人教育を受けていないのになぜこんなことが起きるのか。