2020年、企業活動に様々な悪影響を与えたコロナ禍。経営トップや管理職が強く危惧していることの1つが、新入社員に例年通りの教育を施せていないことに違いない。テレワークの普及などにより入社直後の集合研修はことごとく縮小。配属後のOJTや、先輩とのコミュニケーションすらままならない。従来型の新人教育を受けずにここまで来た今年の新入社員は今、どうなっているのか。その現実からは、多くの日本企業が実施してきた既存の社員教育の思わぬ真実が浮かび上がる。(写真=アフロ)