2010年のサッカーワールドカップ(W杯)で日本をベスト16に導いた岡田武史・元日本代表監督。14年からFC今治オーナーとして経営に携わっている。監督業も経営も、リーダーとしていかに自律したメンバーを育てられるかが問われると語る。

<span class="fontBold">岡田武史(おかだ・たけし)</span><br> 1956年大阪府生まれ。80年、早稲田大学政治経済学部を卒業。古河電気工業サッカー部(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に所属した。90年に現役引退。ジェフ市原コーチなどを経て、98年、2010年と2度のワールドカップで監督を務めた。14年、FC今治のオーナーに就任(写真:的野弘路)
岡田武史(おかだ・たけし)
1956年大阪府生まれ。80年、早稲田大学政治経済学部を卒業。古河電気工業サッカー部(現ジェフユナイテッド市原・千葉)に所属した。90年に現役引退。ジェフ市原コーチなどを経て、98年、2010年と2度のワールドカップで監督を務めた。14年、FC今治のオーナーに就任(写真:的野弘路)

 58歳でFC今治オーナーになるまで、会社経営はしたことがありませんでした。一番の違いは、プロであるサッカー選手ならパフォーマンスが出なければ「クビだ」と言えますが、社員の場合はそうはいかないことだと思います。全然違うなと考え、いろんな本を読んだり経営者に会ったりしました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1787文字 / 全文2021文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ピンチをチャンスにする技術」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。