国内外の有力企業は幾度ものピンチをくぐり抜けて成長を続けてきた。どんな事態でも、決して揺るがぬ姿勢を持っていることが共通している。先を見据える、己を知るといったその姿勢はどの企業にも当てはまる「法則」といえる。

苦しい状況の中でも「先を見据える」といった心構えで、チャンスが見えてくる(写真:PIXTA)
苦しい状況の中でも「先を見据える」といった心構えで、チャンスが見えてくる(写真:PIXTA)

 日本経済はいまだにコロナ禍の打撃を受け続けている。実質GDP(国内総生産)は4~6月期に戦後最大である年率28.1%減になった上、8月の完全失業率は3年3カ月ぶりに3%台となった。 経済の回復は鈍く、多くの企業は国や地方自治体の経済対策に頼る。政府がいつまでも資金注入できるわけではない。

 企業には、消費が止まったピンチに続き、資金繰りのピンチが再び迫る。苦境から脱し、チャンスにすることができるかどうかは企業によって大きな差が出る。幾度のピンチを乗り越えてきた有力企業の動きから、危機に克つ「法則」を探ってみよう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3614文字 / 全文4007文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ピンチをチャンスにする技術」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。