全2711文字

高級菓子の老舗、たねやグループは前年同期比で7割減少していた売上高がほぼ前年並みまで回復している。その裏では、全社員による危機感の共有や企業の存在意義の再確認など、経営の基本に立ち戻った取り組みを進めていた。たねやがピンチをチャンスに変えていった軌跡を追った。

たねやの洋菓子部門では若いシェフらによる新しい菓子が次々に商品化された(写真:宮田昌彦)

 「このまま行くと、年内に倒産することになる」

 日本中で新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた4月。高級菓子の老舗、たねやグループ(滋賀県近江八幡市)の洋菓子部門「クラブハリエ」を率いる山本隆夫社長は、ウェブ会議のモニター越しに、十数人のシェフたちに向けてそう訴えた。そしてこう続けた。「でも、僕は社員を1人も解雇するつもりはない。だから、みんなが1ミリでも前に進めるように、できることをすべてしよう」

 多くの企業の業績を直撃したコロナ禍。たねやも例外ではない。緊急事態宣言が発出された4月、直営店と全国の百貨店に入居する店、合わせて48店を休業。売上高は前年同月に比べ約7割減少した。

 しかし、社長から若手まで「全員野球」で需要回復に取り組み、6月には前年同月比9割にまで売り上げを戻し、長期化するコロナ禍の中でも勢いを保っている。名だたる老舗菓子メーカーが相次いで事業縮小を余儀なくされる中、たねやはなぜ復活できたのか。