(写真:AFP/アフロ)

 11月5日に予定された新規株式公開(IPO)における史上最高額となることが確実視されていた案件が急転直下、延期となった。中国アリババ集団傘下の金融会社、アント・グループの上海ハイテク市場「科創板」と香港市場への同時上場である。公募価格ベースで2市場合わせて約345億ドル(約3兆6000億円)を調達、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの294億ドルを大きく上回る計算だった。

 ところが11月3日夜になって、IPOの延期に追い込まれた。中国メディアによれば、香港市場へのIPOを延期するとした短い発表文には3カ所も誤字が含まれていたという。アント内部の混乱ぶりがうかがえる。

 アントのIPOを巡る不穏な動きが表面化したのは、11月2日夜のこと。中国証券監督管理委員会と中国人民銀行(中央銀行)、中国銀行保険監督管理委員会、国家外貨管理局が、アントの経営権を実質的に握る、アリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)氏及びアントの井賢棟会長、胡暁明最高経営責任者(CEO)に管理監督上の指導を行ったと発表したのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1244文字 / 全文1719文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「広岡延隆の「中国ニューノーマル最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。