米軍の撤退によりアフガニスタンでタリバンによる支配が確立されることが決定的となった。最大の隣国である中国はタリバンに対し、友好的な姿勢を示しているが、そこには根本的な矛盾がある。中国が核心的利益と位置づける新疆ウイグル自治区の独立をもくろむ勢力とつながっているからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2282文字 / 全文2296文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「広岡延隆の「中国ニューノーマル最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。