7月23日の東京五輪開幕が近づくにつれ、中国でも徐々に期待が盛り上がってきている。ここにきてメダル候補の女子バレーボールや水泳の代表選手が相次いで発表され「うまくいけば40個の金メダルが取れるのではないか」といった予測記事も目に付くようになってきた。

 問題は東京五輪・パラリンピックがスムーズに開催できるかだ。新型コロナウイルスが変異した感染力の高いデルタ株が世界的に流行して日本にも入り込んでおり、より厳格な水際対策を講じながら大勢の五輪関係者を受け入れねばならない。中国の人々やメディアが、新型コロナウイルスの感染者数が増加傾向にある東京における五輪開催を不安視していることは否定できない。

 中国共産党機関紙である人民日報系の環球時報は7月5日、来日したウガンダの選手団に感染者が出たことなどを伝え、無観客開催の可能性が残っていると報じた。日本国内で五輪開催反対運動が起きていることや、安倍晋三前首相が五輪開催に反対する人を「反日的」と呼んだことなど、コロナ対策を巡る日本国内の混乱も伝えている。

 ただし現時点では、中国国営の新華社、中国共産党機関紙の人民日報や環球時報などの東京五輪についての報道は、基本的に日本など国外メディアの引用にとどめている。入国時の水際対策や選手村、プレスセンターの防疫体制についても比較的フラットに伝えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1327文字 / 全文1908文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「広岡延隆の「中国ニューノーマル最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。