中国政府が昨年後半から盛んに使うようになった経済用語が「国内大循環」だ。コロナ禍で中国製品の国外での需要が細る中、14億人を擁する巨大なマーケットをさらに開拓して経済を活性化させる戦略だ。

 当然のことながら、その基盤となるのは米国や日本に比べてGDP(国内総生産)に占める比率が低い個人消費をいかに伸ばすかだ。そのヒントを探るのにうってつけの都市がある。「我々は1の収入に対して2の支出」と地元の人が半ば冗談、半ば真顔で言うほど消費性向が高い土地柄で知られる、湖南省長沙市である。

黄興路歩行街の入り口には中国の革命家、黄興の巨大な立像がある

 毛沢東の出身地である湖南省は、中国の建国において特別な意味を持つ場所だ。省都である長沙は清朝末期・中華民国初期の英雄的革命家である黄興の生地でもある。長沙で最大の繁華街は「黄興路歩行街」と名付けられており、繁華街の入り口には巨大な立像が設置されている。

 1月上旬の黄興路歩行街は強烈な寒波が襲っていたにもかかわらず、夜遅くまで多くの若者でにぎわっていた。ストリートミュージシャンの周囲には人だかりができ、道の両側にある店舗からは呼び込みの声が盛んに響く。

ストリートミュージシャンの周囲には人だかり

 一際、目を引くのはほぼ50mおきに店舗を構えている「茶顔悦色(英語名はセクシーティー)」というミルクティーの店だ。これだけ大量出店しているが、どの店舗も行列が途絶えることがない。基本的に湖南省以外には出店しないことをポリシーとしており、「この店を訪れるためにわざわざ別の省から旅行してくる人も多い」(長沙市の20代女性)という。SNSでの拡散を狙っているのか、写真映えする大盛りのクリームとチョコチップが目を引く。

長沙で大人気の茶顔悦色。ミルクティーには大盛りのクリームが乗っている

 黄興路歩行街から徒歩5分ほどの場所には、日系百貨店の平和堂がある。前田明彦副董事長総経理は「年末は深夜0時半まで営業したが、店舗周辺は身動きできないほどの人出だった」と話す。年明け早々に新型コロナウイルスの感染が広がり、まず1都3県を対象に緊急事態宣言が再発令された日本とはまったく異なる光景だ。

 同店におけるコロナ後の売れ筋商品の一つが、高級腕時計のロレックスだという。売り場の従業員は「新商品が人気だが店頭在庫はすべて売れてしまったので実物はお見せできない。顧客には事前予約してもらい、入荷したら連絡している」と説明してくれた。これまで時計のような高級外国製品は国外旅行時に購入するのが一般的だったが、コロナ禍によって不可能になってしまい国内市場の需要喚起につながっている面があるようだ。

 長沙市では昨年、新たに地下鉄が1路線開通した。これで地下鉄は5路線、空港と市街地をつなぐリニアモーターカー1路線が運営されていることになる。さらに新路線や既存路線の延伸が予定されている。

続きを読む 2/3 メイソウ、一気に日本越え

この記事はシリーズ「広岡延隆の「中国ニューノーマル最前線」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。