全2247文字

 新型コロナウイルスの影響で消費の風景は激変している。だが、異例の市場環境でも、カテゴリー全体が不調でも、販売を伸ばした商品があった。「世の中になく、消費者が求めているもの」を考え続けた商品は、コロナ禍でも強かった。

 緊急事態宣言直後の4月11日に花王が敏感肌用ブランド「キュレル」から発売した「ディープモイスチャースプレー」。8月までの累計売り上げは計画比1.8倍となった。

花王が4月に発売したキュレルのスプレー。60グラムは店頭価格990円前後(写真:スタジオキャスパー)

 キュレルは1999年に始まった乾燥性敏感肌用ブランド。花王によると、敏感肌用製品の市場は2019年まで17年連続で伸長している。キュレルは成長市場を捉え、クリームや洗顔料など約70種類のスキンケアやメーク用品を展開してきた。だが、ずっと商品化できなかったのがスプレー型だった。